--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弐年目ノ使用人生活

13:55


華ヤカ哉、我ガ一族
キネマモザイク
 (PSP)
ジャンル:女性向け恋愛ADV
発売日:2011年12月8日
CERO:C(15才以上対象)
原画:ユウヤ
ディレクター:高木亜由美
公式サイト


ファンディスクの枠を越えた「弐年目物語」
ボリュームたっぷり。本当に時間がかかるので覚悟してじっくり挑みましょう。
内容は華やかな御兄弟との恋物語・再び。糖度はホンノリ。御兄弟の掛け合いの楽しさは相変わらず。
こちらだけやってもまあなんとかなるけれど、前作からやることを強くオススメします。

 
感想メモ・一覧(ネタバレ)

弐年目もーど
長男:宮ノ杜正 次男:宮ノ杜勇 参男:宮ノ杜茂
四男:宮ノ杜進 伍男:宮ノ杜博 六男:宮ノ杜雅 小説家:御杜 守
 
情報屋もーど /後日談もーど

 プレイ順序は 後日談→博→正→勇→茂→進→喜助→雅→守 (敬称略) 
 
『キネマモザイク』 総評
前作:『華ヤカ哉、我ガ一族』 関連リンク


スポンサーサイト

心ハモザイク

19:07

 『華ヤカ哉、我ガ一族~キネマモザイク~』、
前作の誕生日アイテムが残り3つとバッド以外は回収したので、感想をば。

弐年目はやけにお疲れモードでしたね。大好きです。安心の暴走クオリティ脇役だとメッチャ光るひとなんだけどな… ドヒャーでした。今回。でへへ大好きです。はるからしてよ、ってまた言って欲しかった…。賢くて賢くて可愛い。でも好き嫌いがねえ…。弐年目相当かっこよかったです!まさかのダークホース。初心枠ご馳走様でした。
FDと言えば大体甘さを全面に出した幸せの物語が一般的だろうけど、キネモザは、アナザストーリーというか、弐年目ならこうなるという可能性を示した物語で新しい形のFDじゃないかなーと思います。挑戦してるよね。(他にもこういうのありますかね?あったらすみません)
でも、ファンにとってはやはり前作の御兄弟像が頭に入っていて初めて「弐年目」が展開されるからそういう意味ではやっぱり「ファンディスク」なのかな。 FDとは思えない驚異のボリュームに驚くばかり。 トータル70時間越えてたという・・・まあ私がちびキャラまで色々見ていた結果ですが。

個人的には、一年目でも弐年目でも好きな方の思い出をチョイスすれば良いよ!とか思ってる。 だから私の中では、まもっさんとは弐年目に結ばれるし、博だったら一年目の彼を五年待ちたい。雅様も一年目。(喜助だけは問答無用で弐年目だけどね)そんな良いとこどり

以下は、好きな点、気になった点、好みとか。ネタバレをほんのり含んでます。

名ハ体ヲ表ス(小説家:守)

15:37

キネマモザイク:御杜 守(小説家)
「華ヤカ哉、我ガ一族 キネマモザイク」公式サイト

キネマモザイク』、最後は、締め切りに翻弄される小説家であり、殺せない殺し屋でもある、オン・オフの切り替えが非常に楽しいまもっさんです。
前回の彼のルートはあんまり好きじゃなかったし、誰のルートでも『御兄弟に手を出してからに…( ゚д゚)、ケッ』とか思ってたんだけど、今回非常~~~~に!良かった。すごい男前であった。カッコ良かった。
キネモザはFDであってもFDでないというか、弐年目だったらこうなる可能性を示した1本だと思うので、好きなほうの思い出と共にあればいいと思うんですが、それで言えば間違いなく弐年目のまもっさんとの思い出を大事にしたい…と。ぶっちゃけ弐年目はまもっさん(と、喜助)のためにある!!とさえ。(他の御兄弟は一年目の思い出でも良いと思ってるし。この辺は総評でメモる。)

以下ネタバレ含む書きなぐり。閲覧注意。

偏食ナ賢弟 (六男:雅)

11:46


キネマモザイク:宮ノ杜 雅(六男)
「華ヤカ哉、我ガ一族 キネマモザイク」公式サイト

キネマモザイク』、今回は果てしなく賢い末弟、雅様です。
…ぶっちゃけると七月までは相当辛かった。でもこれは私の個人的好み・感じ方で、雅様が人気があるのは納得。相変わらず賢くて、安定感もありつつ、可愛くていらっしゃるし、決着の付け方も良くて色々安心であるんだけどね。
それに千代子様いっぱい出てくるし! (千代子様の可愛らしさにグッとくるんどす)

以下ネタバレ含む書きなぐり。まとめるの難しかったし纏まってない。閲覧注意。

恋愛ノススメ (情報屋:喜助)

22:10


キネマモザイク:有田 喜助(情報屋)
「華ヤカ哉、我ガ一族 キネマモザイク」公式サイト

キネマモザイク』、今回は情報屋もーどをプレイしました。喜助には思い入れも何も無かったし、気軽にやれそうだったから楽にいけるわーと思ってたら、とんだダークホース本気(マジ)喜助と結婚します。ってなった…。 なにこの初々しい自然な恋愛枠。。。好きにならないわけないっす!シナリオとかスチルは何というか…やっぱ御兄弟と同列にするわけにはいかないので、ここら辺が落としどころだったんだろうな、って思えましたが十分美味しかったです本当に有難う御座いました高木様(土下座)。

以下ネタバレ含む書きなぐり。ほぼ感想のみ。閲覧注意。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。