--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3周目は毛利家の嫁。

07:57

 「川中島の戦い」、そして結婚無双。

…川中島の戦いと言えば、武田か上杉かという話なんだけど、何故か毛利家で天下統一を目論む。
手が真っ黒な謀将さんは、『いやーまさか自分が天下を狙うことになるなんてねーHAHAHA』みたいなノリで、とてもアットホームというか、ノンビリしてました。前回書いた通りに、エディットを真面目に作り直した(…というか、それぞれに合わせた嫁を作った。稲ちんと兄者とか一部は固定)ので、最初、元就と結婚させるべく送り込んだんだけど、すでに奥方がおり、どうすっかなーと思ってとりあえず野望を達成するべく尽くしてたらあれよあれよと忠臣となり、奥方と盟友になり。毛利家皆のメンバーとも仲良くなってたので当然、息子の隆景さんとも懇意になってたので、華燭の典と相成り候。穏やかな(活字中毒の)夫と、両親も認める強い妻でとても良い感じ。この子はもう、隆景の妻としよう。

途中までは、家族経営の毛利家だった(四天王も全部身内で女)けど、きっと執筆したり隠居してたいよねえと思ったので、無双武将をとにかく雇用しまくって(天下統一しつつ)人間関係構築しました。仲人BBAは無双武将、55人結婚させたった。ほぼ全員やったった。…苦労したのでデカ文字よ。だけど氏康以外ね…(お館様、色々やってみたのに誰も嫁にしなくてさ…それはまた追記に)。最初はそんな予定なかったけどチンタラやってたら全員在野にいたので、毛利家の初期メンバー以外と入れ替えしつつ婚姻無双。楽しかったけど最後の方は、疲れました…でも夫婦用の台詞は宝物庫で見れないからどーしても保存しておきたくてな!これで誰かの台詞が聴きたいとき夫婦で出陣させればOKだ(氏康以外)。台詞はそれぞれ良いんですけど、両兵衛はなんか胸を打つ。(半兵衛さんは声音がめっちゃ良い)そして左近、鬼島津、元親はエロス。

以下、ネタバレというか画像を何枚か貼るので一応畳みます。
スポンサーサイト

めざせ!究極の、仲人BBA。(+国取り)

17:15

戦国無双4 Empires
(PS VITA)
ジャンル:タクティカルアクション
発売日:2015年09月17日
CERO:B(12才以上対象)
公式サイト

無双4エンパ面白イイイイイィイイイイイ!!!!!
コーエー様!ωフォース様ありがとうございます!!!!ついていきます!!!
(…なのでクロセカのシステムそのままに続編を…もう移植でもいいから。流浪演武っぽいものをつけてくれたら一生貢ぎますけん…)
…「争覇演武」で2回目の天下統一、相成りました。(桶狭間の戦い→本能寺の変をプレイ。)

エンパ自体初めてだったので、最初は全然仕組みが分からず、兵糧もお金もカツカツで(増やし方とかよく分かってなかった)、ひたすら慣れることに注力。一周目は織田家に入ってエディットキャラも家臣として加えて何とか天下統一しました。エディ子が利家と結婚して(爽やかすぎて清々しい程であった。でも戦場での台詞もさすがのアニキで男っぷりが堪らん。)、盟友がお濃様、そして利家とお濃様が好敵手になって、エディ子を巡ってバチバチしてんのか、それを越えて変な関係に発展しそうだな…とか思ったり、叔父貴(勝家)とお市様がちゃっかり夫婦になってニヤニヤしたり、左近が師匠になったりと、自分の与り知らぬところで人間関係が構築されるのが非常に面白い。自分で上手くやることも可能なので、二周目はカップル作りに精を出しすっかりヤリ手BBA。
主題というかメインは国取りして、天下統一していくことなので、合戦しつつ、内政もそれなりやらないと家が滅ぶので、それを熟しながらです。内政は割と頭使うし、合戦でも今までの無双のように只管斬って行くだけじゃないので、爽快感はないけれど達成感はある。そして合間に挟まれる人間関係とイベント。いやー面白い。ここがちょっとな…っていう部分もあるけれど、楽しんだもの勝ちなのでOK。
まだまだ見ていないイベントや人間関係、分かってない策もあるし、難易度を上げたりと楽しめそう。3周目は今までのデータを消してエディットキャラを真面目に作ってからやる予定。(4と4-2のエディットキャラを引き継いだけれど、名前つけてないのに登場させるようにしたから「新武将」って人がいっぱい在野にいるし…)←セーブデータを消さないと、その演武に出ているキャラは弄れないので注意されたし。


本能寺の変のあれこれ(ネタバレなし)
羽柴家でスタート。夫婦が全12組。(最初から夫婦だったカップルを入れると14組。)内政も合戦も忙しいときにやり手BBAになるのは大変だから、天下統一まであと一歩のところで仲人しまくりました。
本能寺の変が1582年スタートで、1608年までやってました。(26年…)人間50年…はどうなったという感じだけど、皆幸せならいいじゃないか!年齢なんて気にしない。…こんな楽しみ方もあるということで。(やり方は追記にて。)

 「本能寺の変」リア充No.1は三成。「こ~の人間大好きさんめ!」と兼続に言われそうだな。
夫婦になるための後押しはしたけれど、それ以外は自分で構築してたわ…やりおる。(三成と◎◎を交流させてくれという進言も多々)
自分の中で目標としてたのが、
三馬鹿とエディ子が忠臣→四天王だったんだけど、
四天王になったのは正則(1番に出世)、吉継、エディ子、光秀(本能寺後鮮やかな転身)そして、終盤になってまつが入り込み、結局、前4人が四天王に。上手くいかないものよ。
そのうち我が夫(清正)を押し上げてやるわ。(清正大名プレイもやるけど)

以下、ネタバレとかイベントの写真とか貼ってますので閲覧注意で。


無双が好き過ぎる人向け?

11:55

戦国無双4-ⅱ
(PS VITA)
ジャンル:タクティカルアクション
発売日:2015年02月11日
CERO:B(12才以上対象)
公式サイト


新生、情愛、反逆、理想、盟友の章をやさしいでクリア。
個人的には凄く楽しい。だけどねー10周年だからということで頑張って色々出してくれたのは有難いのだけれど、ちょっと出しすぎたかなーとも。シナリオやミッションの重複部分が目立つ…もっと時間をかけたら良いものが出来たんじゃないかってそれが少し残念。とは言え、私はここ1年くらいで無双に触れて、切れ目なくシリーズを遊んでる(クロセカ→無双4→クロ3→無双4→4-ⅱ)けど、それでも面白いんですっかりファンなんだなと思います。飽きてないもんね。あ、このミッションのあとはこれがくるだろ!って楽に遊べて嬉しい。

基本的なシステムは4と同じです。(4感想はこちら)サクサクバッサリで爽快感はありつつ、4よりもちょっと手ごたえがアップ。だから本当に面白い!でも!不満がある人の気持ちも分かる!というやつです。この価格で繰り返しか?!ってなる気持ちも。(私は楽天ポイントで半額くらいで買ったから甘い面があるのも認める)でも面白いんだよ…単体で見ればホント…。

とりあえず以下、ザックリ感想。ネタバレは多分ないけどちょっともダメなら読まないでくだされ。

正史を駆け抜けた。

18:24

戦国無双Chronicle 3
(PS VITA)
ジャンル:タクティカルアクション
発売日:2014年12月04日
CERO:?(後日更新)
公式サイト

久々に発売日当日に購入してすぐに始めたクロ3。今年一番長く遊んで一番楽しかったゲームは前作のクロセカだったのでかなり期待してたし、プレミアムボックス買っちゃったし。(まだそっちは殆ど見てないのでクリア後のお楽しみ)
IFはプレイせず、真っ直ぐに「大坂の陣」まで一気に駆け抜けました。そこまでの感想をざっくり。短く言えば「面白かった・・・けど!」みたいな。でもまだ全部やってないのでハッキリは言えない。正史部分だけね。
(モードは「普通」でやっていましたが、とにかく先に進んでレベルを上げたりしたいので、幾つかの戦いの後に「易しい」に変更。
プレイ済みなのはクロセカと戦国無双4で、比較対象はそれ。)

敵兵の数(ワラワラ感)は前作よりアップ神速で動けるので数をこなすミッションはやはり楽になってる。
でも1:1の部分は4よりも手ごたえがあってクロニクル感?あり。救援要請がバンバン入るんだけど、敵を蹴散らしてもちょっと離れると要請が入るので、NPCの武将を回復させる手立てがあれば良いなと思った。因みに戦場は4と同じ。
あと、敗走は長良川の戦いから大坂の陣の間で1回だけでした。難易度は「易しい」だけど。体感としてゲームの難易度は(全部「易しい」モードで比較して) クロセカ>クロ3>無双4、かしら…。クロセカもそんな難しくないけど、もっと忙しくてもっと歯ごたえがあった気がしてる。
そういえば戦技が選択式になったのが(各キャラ複数持ってるけど、戦闘前に選んでセットする)勿体ないような気がするけれど、それ以上に、戦技を使うと戦技の持ち主の目線(目元?)がカットインされるクロセカの演出が凄く好きだったのでそれがなくなってそっちのが残念。(ついでに勝利後のプレイ武将4人がポージングしてた演出もなくなったのが残念…)

主人公キャラエディットが細かくできる。4と同じくらい細かくできますね。
武将自体は1つしか作れないけど(男女1つずつ)私はどうせ1つのキャラしか使わないので(使っても大体男女1キャラずつ)不満は無し。

歴史的介入感が薄め。(今のところ。正史においては)。どこにいっても評判の歴戦の勇士なんだけど、武将と主人公の会話って感じではない。加えて、クロセカは武将とのイベントの時に割と1:1というかこちらに語りかけてくれるような距離感(実際3DSの上画面全体に武将がいた)だったんだけど、ちょっと遠い位置にいるんだよな…もっと近くに来てくれよ…。歴史を作るのがクロニクルじゃないんかい…という寂しさがね。ちょっと…。エピソードは笑えたりぐっときたりもあるし、戦闘は普通に楽しいけど…でもま、IFをやってこそのクロニクル3だと思うのでそっちに期待。現時点では(武将と共に熱くなりたいタイプの人には)クロセカを勧めるかな。絵的には今回の方がずっと綺麗だと思うけれど。

…なんかネガティブなこと書いてるけど、普通に面白いんですよ。綺麗だし。でもなんだろ…物足りない。IFやってないのでこっからかもしれないけどね。以下ネタバレを含むかもしれない書き散らし。


流浪武将の旅。

20:10

戦国無双4の流浪演武モード、駆け抜けて、武将列伝に名前が残りましたイエーイ。

「中でも加藤清正とは世に二人といない~」の一文が嬉しくて思わずSS載せてしまうよねー。
(清正が一番レベルが高いからなんだろうか?しかし小次郎とか五右衛門は何故…)
流浪演武は、日本全国を巡って戦に参加したり無双に出てくるキャラに出会って親交を深めたりしつつ、その記録を綴るというやつなんだけど(詳しくは公式参照)、結構ムチャクチャというか出鱈目な感じで面白かった。そもそも武将たちの立ち位置とか関係性とかよく分からないけど(伴侶がいる人とかとも恋仲っぽくなったりする)、何でもありで楽しい。無双演武の方が物悲しかったのでちょうど良いバランスかも。一人につき4つの短いイベント付。(色んな人を励ましたり、良い感じになったり、抱きしめられたり、母と呼んでえっ?!と言われたり。)クロセカ程の歴史介入感はないけど、武者修行ぽい。

九州から始めてどんどん上に行って最後の一人は綾様。(政宗→景勝様→綾様)
一般武将にまだ「???」の部分があるので、列伝は97%だけどおいおい。クロニクル3やりますので。以下はネタバレ含む書き散らし。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。