とても甘すぎて…春。

23:13


Starry☆Sky~in Spring~
Portable (PSP)

ジャンル:春の夜空を
幼なじみと見上げる学園アドベンチャー
発売日:2010年6月24日
CERO:B(12才以上対象)
公式サイト


星と幼馴染との甘い甘い青春グラフィティ
星を専門に学ぶ星月学園に通う主人公と、12星座の男子(+教師)との恋物語。春夏秋冬それぞれの季節でそれぞれのタイプの男性と出会います。春は幼なじみとの恋愛。(因みに夏は部活仲間、秋は教師、冬は生徒会だそうな。)
この学園には女の子はヒロイン一人。(募集をかけたけれど立地などの面から誰も入らなかったらしい)

春のストーリーは、小さいころからずっと一緒だった幼馴染の2人(哉太と錫也)と彼女の間に入ってきた、もう1人の幼馴染(羊)。彼の登場でそれまでの関係は変化していく…というもの。
あまり物語に大きな起伏はなく、ヒロイン・哉太・錫也の3人の世界から、羊が加わることによる4人の世界に変わっていくこととちょっとした衝突、そして幼馴染から彼氏彼女の関係に至るまでの恋が淡く描かれています。

とに…っかく、優しい世界です。優しいものしかない綺麗すぎる世界。
良い人しかいないというか、ヒロイン+幼馴染(3人)しかいません。4人で回る4人の物語でした。
(たまに変な上級生とか、クラスメイトもちらっと出てくるけど、ホントにちらっとです。立ち絵すらなしの潔さ。)
とにかく幼馴染3人はヒロインを守り、彼女の幸せを考え生きています。彼女を褒め、甘い言葉を送り、あらゆるものから守ってくれます。3人のタイプは「素直になれない(けど気持ちバレバレ)ツンデレ」「ドストレートなおフランス気質」「オカン入ってるお兄ちゃん」。でもみんな、攻略する必要がない程、気持ちだだ漏れ。それを3人同時にアプローチしてくるのでチヤホヤ度は高い。逆ハーレムといはこういうことだ。甘い。

ヒロインは良い子なんだろうなと思うけれどあまり個性は感じられないというか、伝わってきたのは鈍いことくらいかな。
余りに鈍くて「え?ホントに分からなかったん??」って思うこと多々あったけれど、羊のモノローグにあったようにお互いの関係が「近すぎるゆえ」、それが壁になっていたということなのかもな。無個性ヒロインが好きなら合うと思います。

どの彼と結ばれても皆幸せそうで、幸せな世界は守られます。結ばれた以外の2人は、結ばれた2人の幸せを全力で応援します。
だって幼馴染同士も大事だから。(ね、良いやつらだろ…凄く凄く好きだったのに)
優しい物語なので、サラっと読めて、甘い言葉をかけてくれる彼らに癒されたい、そんな時どうぞ。
あと、システム周りの快適さに私はびっくりしました。ほぼオトメイトしか知らなかったから…コンプも早いです。さくさく!


以下、ネタバレ含む雑感とか攻略対象へのあれこれなど。閲覧注意で。