擦れ合う日常。

22:59


街~運命の交差点~
特別編
 (PSP)
ジャンル:サウンドノベル
発売日:2006年4月27日
CERO:D(17才以上対象) 
公式サイト


濃くて個性的な面々の数日。

街、全エンド終了。(バッドエンドはHARDを残して回収。いずれまたやる予定)  かなり面白かったです。
渋谷という街を舞台に、7人の主人公たちそれぞれの日常がふとした時に交差して、変化していくゲーム。
(サブタイトル、上手いこと言ってますね。運命の交差点て。)
時間的な余裕がなかったりして、一気には出来なかったのだけれども、キャラが個性的で印象が強いからか『どんな話だったっけ?』と言うことが無く、最後まで楽しめました。これは凄いことなんじゃないかなーと。

ラストの結びが粗かったり謎がまだ解明されてなかったり、バッドエンドが強引過ぎたりするものがあれど、どの主人公も(その周りのキャラ達も)魅力的で可笑しい。
実写だけど、ゲームならではのフィクション加減というか、突き抜け感が素敵。 ありそうでなさそうで、でもありそう?とも思わせるその匙加減が絶妙であります。

最初は、時代を感じるメイクやら髪型やらが古臭いと思ったけど、何故かやり込むほどに味に変わる。428の方が洗練された感じやテンポの良さ(勢い)はあれど、こちらにはこちらの良さがあります。428が一つの事件を皆でって感じなのが、街はそれぞれの、全く違う日常生活を過ごしていて、その中で干渉し合う感じ。
基本、ほとんど読むだけなので、時間がない方にもオススメ。
428の時にも思ったけど、実写だからと敬遠するのは本気でもったいないなーと思います。