--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かまいたちはどこに…?

17:33

真かまいたちの夜
11人目の訪問者
 (PSVita)
ジャンル:サウンドノベル
発売日:2011年4月27日
CERO:D(17才以上対象)
公式サイト


一作目の凄さを痛感する作品。

PS Plusのフリープレイでサクっと遊びました。読了率99%(あと1%どうしても見つけられず…)、DLCは無料で落とせる混浴編のみ。
初代を越えられなかった感が強いけれど、個人的にはAmazonその他で酷評されているほどではない。が、全体的に薄味で惜しい。主軸となるミステリー編は一作目に比べると偶然に頼り過ぎなのが響いているのか(そんな話も悪くはないけれど)、犯人の動機やトリックなどもボヤっとしているし、自分以外誰も信じられない…という疑心暗鬼やジワジワくる恐怖心みたいなのが薄い。無難に纏まってはいるし、サブシナリオも一作目のテイストに近いものを、という思いで作られたのも分かる。だけど届かなかった。そんな印象。
(酷評なのも、発売当時の価格で、『ピンクのしおり』が別売りだった(しかもそれを事前にアナウンスしていなかった)ということや、初代シナリオの作者が書いたシナリオがDLCで別売りということを考えると致し方ない。あとボイスONOFFと既読スキップないのは如何なものか。)
それでも、グロかったり1をなかったことにして何やら疲れた2よりは好き。時間のない人が読み物として楽しむ分には良い感じ。
だがしかし「かまいたち」、全然関係ないよね…。
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。