--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

濃すぎる1日

00:00


428~封鎖された渋谷で~(PSP)

出版社/メーカー: スパイク
発売日: 2009年9月17日
ジャンル:サウンドノベル
CERO:C(15歳以上)
公式サイト


全シナリオクリア。もーただただ…と に か く 面 白 い !
凄く良く出来たゲーム。時間ごとに区切りがあって、それぞれの場所で、知らず知らずのうちにお互いの行動が影響し、干渉し、繋がり…凄く引き込まれました。先が気になってついつい続けて読みたくなってしまう→時間を進める→寝不足というコンボ。
実写っていうのがまた良かった。表情の使い方、動かし方もバツグン!声が入っていないのも個人的には◎ 笑い、泣き、ドキドキのバランス、さじ加減も丁度良くて、キャラクターも凄く魅力的で…たまらん…! (あ、何気に美形だらけ。1番(顔が)好みなのは印刷屋さん…何あのイケメソぶり。キャラが光ってるのは君塚氏。男前過ぎて号泣。次点でミノさん。タマは別格。ヒロインも可愛くてハァハァ。)

ゲームが苦手でも全然大丈夫。クリアするだけならそんなに難しくないし。(ラスト周辺は詰まり易いかもしれないけど)バッドエンドになったらその裏でもバッドエンドになっていることが多々あるので、同じ時間の別視点を覗いたりするのも面白い。ラストはちょっと弱いというか甘い?感じがしたけど、それでもすっごく良かった。ぜひ食わず嫌いしないでやって欲しい!オススメ!
(ただ、番外編の1つが蛇足っぽいというかちょっと本編と毛色が違う感じなのでそこら辺は好き嫌いが別れるところだろうなと思う。でも本編は超オススメ!)

それから、ついにポケダン(青の救助隊)は終了。
全員仲間にして…感無量。さっさと本気を出せば良いのにモッタリモッソリやってるから…。
予定通りジラーチを最後に迎え入れました。願いの森はフーディーンで挑んだら、物凄いサクサク進んでびっくり。このソフトは、可愛らしさに悶えて、ストーリーでもグッときて、コンプリート欲も満たされるゲームでした。ありがとう。 暫くしてから「空の探検隊」も必ずやるともさ。 
 



コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。