--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実は最強?の四男

10:18


華ヤカ哉、我ガ一族:宮ノ杜進(四男)
「華ヤカ哉、我ガ一族」公式サイト

華ヤカ哉、我ガ一族』 雑感メモ書き。

「…コイツ爽やかな振りして一番黒いんじゃ…」
とか共通√でも思っていた四男の進様です。想像以上のポテンシャルをお持ちでした…。
まー、全体的にじわじわくる感じがたまらない√だったね。以下、長々ネタバレです。閲覧注意で。

白と黒

卒なく、普通に平凡で無難に無難に。兄弟の中でも仲裁役で、周りに優しく接してきた人。自分の中に燻っている黒い感情を抑え付けて、自分でもその抑えていたものに気がつかないでやり過ごしていたのだけれど、あるきっかけでそれが表に噴出。自分の本質に気がついて心を閉ざす。でもそれを乗り越えて、自分の価値を見出して(?)主人公と一緒に歩き出すという結び。

進様は、黒そうだけど、癖がナイからイマイチかなとか思っていたけど、終わってみればかなり好きになっていました。(ビジュアルとか好きだろうな、と思ってたんだけど声が好みじゃなくてね。でも今はこの声が良い!)
しかもクセがないどころか、大した曲者ですよ

話の流れは(大まかに)、じわじわ(ほんのりライク)→ドーン…(ハラハラ)→じわじわ(ヤキモキラブ)
彼は最初から彼女に優しいし(誰にでも優しいのかもしれないけれど、それでもやっぱり何かしら主人公はちょっと違うような感じ)、だんだんと接触する機会が増えて、何だか自然に、良いなあ、優しいし楽しいしよねこういうの、って思えてきたんですよ。劇的に好き…!とかじゃなくてこの人いいな、という仄かなアレです。

そう思えてきたところに、友人の裏切りにより抑圧されてきた裏モード発動、友に発砲、無気力無関心になり、自分の心も見えない、誰にも関心がない自分がいて、主人公にも冷たくなり…という病んでる状態に。
病んでる進様はダーク進とでも言うべき黒さで、別の意味でジワジワくるよ…!
しかし無関心なのにも拘らず、(宮ノ杜を憎む黒幕の企てた)主人公と友の縁談が来ると、自分でも理由は分からず苛立つ。
なんやかんやで、自分の気持ちを突き止めて、でもお互い好きなんだけど言いたいけど言えない、自信がない、使用人として越えられない壁がある…みたいな。 じれったい!もどかしい!!(それがまたたまらん)

その後、気持ちが通じ合う時は、王道というか女子が押さえて欲しいだろうど真ん中を貫いてくれました…文部省推薦な。 散々ヤキモキした後だからもうホロリと泣けたよ! 良かった良かった…。エンディング後は甘いやら、ちょっとSっぽいというかもう自重しない感じが良い…!

多分兄弟の中で癖がないようでいてある意味最強だろうね。と、あの裏モード発動期間に思いました。
我を忘れてパン!パン!パン!と銃を撃ったり、 心凍るようなことを声のトーンを変えずに言ったりして震えました…(けど、嫉妬ゆえの気持ちだと分かる発言には悶えましたとも…!)

ダーク進は生まれながらに持った部分もあるだろうけど、育ちもあると思う。誇れる家柄もない平凡な自分(ここらへんは三男と被ってるけど)に対してずっとネチネチ言われていたんでしょう。澄田主催の舞踏会の、どこぞの令嬢みたいにさ。(言葉の端々に出されてウンザリ→黒い独り言の図式ですな。)
だからそれを察知した母親が出来るだけ周りに優しくしなさいね、っていうように諭してきたんでしょうね。
ベースは、マジメで一途。真剣。迷いが無くなったらガンガン行くタイプとみた。(母親譲り)
酒を飲みすぎると笑える面がでてくるのも良い。あとむっつり



しっかし、この√は、文子様の乙女っぷりに悶えたよ…あの玄一郎様(当主)に一目惚れで今でも好きって…。
未だにあのオジサンの真意とかは分からないんだけど、家柄も使えるものも無い文子さんを迎えに行ったのは、人として彼女が好きだったんじゃないかなってさ。(…まあその後は自分の野望というか信念に従って離婚するところは徹底しているけどね。)
進様が、父も母への愛があったんじゃないか、だから自分は生まれてきたんじゃないかな、それでもういいんだと思えるくだりはとても良かったと思います。 (それに比べたらやっぱ参男の不憫さが光る…(涙) 今回脇役で上の三人兄弟での場面ではかなり面白かったので余計不憫。)

あと兄弟コントとも言えるギャグパート(?)も冴えてます。特に上2人。後半おかしなことに。千富さんにも求婚しそうな勢いでしたねまーじで…。あとたえちゃんも相変わらず男前でたまらんぜ!
もっと地味な√かなと思ったのに、笑いも黒さもヤキモキもハラハラもあって面白かったー!

次は「末っ子クン」こと雅様。にんじんをお召し上がり下さるといいなと思いつつ楽しもうと思います。



◆未消化
暗殺者は何故、兄弟の中で進のことを一番憎んでいるのか?(小さい頃玄一郎を刺したことと関係あり?)

◆他
みんな刺したり刺されたりしてるのに、その点については寛容というかアッサリだよな…博のときも思ったけど暗殺者が自分の好きな人刺したりしたら絶対許せんぞ私なら。


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。