甦る思い出

13:00

仕事中以外は結構聴いてます。

華ヤカ哉、我ガ一族
オリジナルサウンドトラック

レーベル: ティームエンタテインメント
発売元: (株)ソニー・ミュージックディストリビューション
ディスク枚数: 2枚(CD2枚)
総曲数: 31/26(アルバム)
収録時間: 55分15秒/57分24秒


すっかりその音を聴くだけで場面や思い出が蘇る「華ヤカ脳」にはたまらないアイテムでした。
基本、サントラとか買わないけど、これはどうしても欲しくて。(ガンパレ以来だわ)
旅立ち」「万感胸溢れる」「未来永劫」なんかは華ヤカ愛好家にとっては鉄板じゃないでしょうか。
個人的に「」とかも堂々としてて好きだなー。「思い出の回廊」もグッとくるものがある。画廊や回顧録を眺めて「兄弟みんな幸せになれば良いのに」とか思ってしまうし、「ざあます円舞曲」なんて聴いただけで「何だお前は(略)…ふん、ゴミが」などの一連の御兄弟との対面シーンをセリフつきで思い出せる。

でもやっぱり個人的には踊る提琴への思い入れが強いですね。
音楽会の博のバイオリンのシーンがすっごく好きで、曲が1回ループするまでは毎回聴いてたくらいなんで。目を閉じて。(だってあの博が、サラっと優雅に演奏するんですよ?!あのでへへが!もうステキすぎるったら…!)

何だかんだで捨て曲ナシの素晴しいアルバムでした。
(でもあと1000円安かったら良かったのにとか思ってごめん。)
聴きすぎてますます華ヤカの世界から出られなくなるという副作用はあるけどね。




華ヤカ本編を全部終わったので早速「後日談パック」(当然全7種)をやろうと鼻息荒くしてたけど、件のPSNのハッキングのせいで計画が狂ったので、セーブデータの整理(長男から順に並べたり、キネオラマの流れる直前の状態にしたり)とか、画廊をコンプリートしたり、買い漁っていた店舗特典CDを聴いたりして悶々としています。
特典&限定CDを聴いて思ったことはやっぱり長男は可愛い。コレに尽きる。

とりあえずハッキングした奴は次男に斬られるか、四男に発砲(4発程)されるがよい。




コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks