--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蝶毒:天海鏡子

15:56

天海鏡子(あまみ きょうこ)
aromarie
時に可愛らしく少女のようであり、迸る色香を漂わせる妖艶な魔女のようでもあり…魅力的な鏡子夫人。
まあ・・・とにかく旺盛です。お盛んみたいです。エロスと生命力に満ち溢れてます。声もとっても良いよねー。女傑って感じだけど、艶っぽくて。(まつげがビッシリでうっとりエロ目線になると怖いくらいですわよ!)
そんな鏡子様が絡むルート2つ。本当は全員終わってから攻略する予定だったんだけど、兄様ルートから入り込んでしまったので進んでしまったよ。以下ネタバレ含む感想なぞです。閲覧注意。

shiba.gif
探偵誕生編
野宮家に降りかかる不幸と桔梗について疑問を持ったお嬢様・百合子が 男なぞ見向きもせずに
頼りない兄様を無視して、鏡子様からヒントを貰いながら事件の真相に迫る「女探偵百合子」の物語です。(「かまいたちの夜」かと…)選択肢自体は難しいものもなく、数年の後に、本業の傍ら探偵をやる百合子タンを見ることが出来ます。(ボブカット+洋装で、すっかりモガの百合子可愛い!そのまま斯波と結婚しちゃえよ!←願望)

このルートは、かなり深い真相にまで迫ります。個人的には抱擁のシーンにグッときたかな。ラストで桔梗を見つけて「××(一応伏せ)はどうしているのかしら…」と切なく思う締めくくり…。だけどバリバリ働いて幸せそうでもあるからこんな終わりもアリだなと思わせてくれます。

見所は××にも「(あのボンクラと)一緒にされたくない」と言われたり、百合子タンに適当にあしらわれる兄様、そして、どのルートでもブレない斯波。お前何処でも求婚してきて…ホントに…(涙)バカ可愛いとはこのことか…(寧ろ「座敷牢の恋人」ENDとかがどうかしてるとしか思えない…)
その他、選択肢をメチャクチャにして、迷探偵ぶりを発揮するのもなかなか笑えました。(特に斯波。あんなに喜んじゃってもう…可愛いよ斯波)あと両刀とか鏡子さんに向かって言う百合子タンLOVE☆(言わせてるのは自分だけど)


女郎蜘蛛編
一方こちらは、モヤのような暗さが湧き上るルート。三郎に強姦され、男性不信になる百合子を優しく包み込む鏡子様…自分も同じ経験をして、男は必要ない!必要なのは男のピー(伏せ)だけよ!と良いピーだけを見究めさせるために自分と男の絡みを覗かせ、鍛えさせた(?)後、最後に三郎をぬっ殺して、鏡子様とめくるめく濃密な世界へ…
しっとりを越えたねっとり
強姦話はどうしても苦手なんだけど(しかも獣臭だよ...ああああいやだあああ...)ギリギリ大丈夫な範囲かな...。そこら辺の描写は飛ばすなりなんなりできますので苦手な方はスキップ推奨。三郎から襲われているようなスチルはないので安心。逆に百合っぽい描写は、もっとあってもウエルカムだったけど、そこらへんも「かさなる指...」みたいな程度でそちら方面が苦手な方も安心かと。しかし暗いですよ(涙)もっと鏡子様が男を手玉に取り、百合子タンを開発していく方面でも良かったかな。でもダークさも売りだと思うから仕方ないかな。

shiba.gif

女性のキャラが鏡子様で本当に良かったです。まあこのゲームに子どもは出てきませんが、年下・ロリっ子・貧乳(あるいは巨乳)とかより、年上・お色気・巨乳(あるいは貧乳)の方が好みなんで…でへへ。
でも、本当に良いキャラしてるよね鏡子様。良いボイン。エロス街道まっしぐら。斯波と同じくらいブレません。


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。