ゴリ押し注意。

22:24

マジカルバケーション(GBA)
ジャンル:コミュニケーションRPG
発売日:2001年12月07日
CERO:A(全年齢)
公式サイト


とりあえず
やっと終わった…!(涙)という想いを最初に記しておこう…。。
久々にしっかりめのRPGで色々油断してました私。そのくらいラスボス、苦戦しました。

魔法学校の生徒が異世界の魔物と戦うRPG(ザックリしすぎ…)で、
16種類の精霊を駆使して展開するバトルがなかなか面白い。
(…と思うのだけど、終盤までゴリゴリ力押しでやっていたのでそれを楽しむ域には達していないというのが正直な所。説明書もなかったので、かなり手探りでやっていたし…最近まで「精神」がどう作用するか分かってなかったというね…)

ストーリーは単なる学園モノかと思ったら色々と個性的。
哲学的だったり泣けたり笑えもするし、人間関係もなんか濃かったり、ほんのりラブストーリーも入ってるし…なかなか盛りだくさん。
主要キャラ以外の一言も面白かったりね。でも何となく好みが別れるかもしれない。
グラフィックもGBAなのに綺麗で、キャラも可愛らしいです。(でもクセあり?)
ただ音楽はあんまり。好みじゃなかったかな。チープとかそういうのじゃなくて全体的になんか好きじゃなかった。
主人公は透明ヒーロー(orヒロイン。性別選べます)=無個性。個性アリ、お喋りアリ主人公が好きな人は注意。

詰め込みすぎ?と思うくらい各種盛りだくさんだし、世界観も面白くて、やり込み要素も豊富なRPGなので、
(コンプリートしたかったら頑張らなきゃならないことが沢山あるしダンジョンもまだあるらしい)
そういうのが好きな人はオススメ。
でもGBAのソフト2本とケーブル、アドバンス本体が2つ必要。詳しくはココとかココを。
今回の私みたいにサラっと遊ぶだけでも良いのであれば問題ないかと。

以下は私の体験というか感想というか雑記。ほのかなネタバレ?あり。
  とりあえず私が苦しかったのはラスボスとの戦いですよ!なめてました。
割と最後まで順調に進むし、話を楽しんで行動して、戦闘もそこそこでこなしていたらもう…ラスボスとの戦いが苦戦して苦戦して大変だった…
基本的にメンバーをそんなに変えず(しかも構成とか考えず) 主人公(木)、ショコラ、カシス、アランシア、シードル、ロボットキャラを入れて遊んでいたんだけどロボットが使えなくなり、ピスタチオを入れてLV70まで上げても勝てず、泣く泣くショコラをブルーベリーに変えて 40回くらい死んでやっとまぐれで勝てましたわ…。(皆LV80くらい)というか、もしかしてLV80くらいではまだまだ温いの…? まー大変だったわー…多分精霊コンボの組み方とかがヘタすぎたんだと思う…。ヘタというより分かってなかった…。

ラストはあっさりしていたけれど、それぞれのキャラの将来が見えるところはうるっときた。こういうの好きだ。 

  それから、みんなお菓子とか果物とかの美味しそうな名前でそれは良かったんだけど、人数多いから最初誰が誰だか、全然覚えられなくてね…ショコラってこの男の子だっけ?あれ?これガナッシュ?キルシュ?え?カフェオレ?ヴァニラって誰よ??みたいな…
キャラクターは個性的なので、途中からはしっかり認識できたんだけど、できれば一気にコレだけ遊ぶことを推奨。私みたいに平行してあれこれやっていると話も分からなくなるし、 世界観もつかみにくくなる。詰め込んであるので。

あと、私は中古での購入なんだけど、前の方がアミーゴリストを埋めてらっしゃったので、
「わーい!これで闇の魔法使いになれるんだ!」とか思ったけど、全然魔法を覚えやしないし、(極意にセットすればどんどん覚えられると思ったらレベルあがりゃしねえ…)埋まってるのに闇にならないのは何故…って禿げるほど考えたけど、最初から始めたら「自分で」アミーゴしないとだめなんですね…これって。
レッツぬか喜び!\(^o^)/(涙)
さすがにこのためにアドバンスを買うのも2本買うのも出来ないのでサクッと諦めるけどさ…。
なんか全体的にちょっとだけ惜しかったです。いや、とっても面白いんだけど。
100人アミーゴはキツイだろうし、代替的な何かがあったらねえ。コミュニケーションRPGだから大切なシステムだろうけど。今ならWifiとかあるからいいかもね。 

ちなみにアランシアとシードルが好きでした。カシスも好き。アランシアの将来が幸せそうで良かった。(あれって幼なじみの…なんですかね?相手。)他のキャラも育ててみたいけどね。精霊はパウダーが好きだったかな。カエル取りすぎて、愛の精霊には超嫌われましたですの…。
とりあえず攻略本を買ったので読み込もうと思います。(遅い)


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks