--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

待チ侘ビタ御兄弟

16:03

やっと会えたね…寂しかったっっっ…!(号泣)

DLC.jpgという感じでPSN復旧を喜び、音速(気持ち的に)で、
華ヤカダウンロードコンテンツを落としてきましたよ。
ええもう、後日談おまとめパックですよ。
迷いなど一切ない。

まあお値打ち価格ではない長い内容じゃなかったんですが、やっぱ華ヤカって良いよね!とつくづく…。
もう御兄弟が素敵でさあ…ねえ…?宮ノ杜家万歳!
軽い感想は以下に。ネタバレ注意。



長男:正様
もうなんというか…可愛いすぎて息し辛い。
おっさん&長男ゆえの理性とか落ち着きとかあるけど、でも伝わるのよ…大事に思っている様子とかが!!
声が優しくなってるし…あああもう…そりゃ雪の上でキャッキャするわ!もう一回!っていうわ!!!
サナ枝様も憑き物が落ちてたし良かったよー。
玄一郎様は多分女性をモノにするテクが凄いんだろうなと思わせる一幕も必見です。



次男:勇様
相変わらずの次男クオリティ(笑)2人のための別棟を建てたりして「はるバカ」健在。
+子どもができたーいやーうれしいなーなんというかーいやー嬉しいなーなんというかー(永遠のループ)という親バカというかデレッデレ全開でお届けしておった…!
当主としての力量は不安ですが幸せそうなのでもうヨシ!バカ!(褒め言葉)
トキ様が出演しなかったのは「もーあの子のバカには付き合えきれまへんえ~」って奴ですかそうですか。



参男:茂様
エロい。この人自分のルートだとやたらエロいですね。
やす田閉店のほんのりした悲しさなど消し飛ぶ最後のエロさ。
いや嫌いじゃないよ。こういうの。寧ろ1人くらいこうであれ!本編が不幸だったから幸せにおなり!
玄一郎様がサービスしてくれた一等室で奮闘したことでしょう(ホロリ)



四男:進様
ゾクゾクっとするお方だわ…(ある意味うっとり)
白と黒の切り替えが怖い。挑発してるしさ。できればホワイト進で居て欲しいものです…ブラックも嫌いじゃないけどさ!やっぱ優しい支配型だよね。彼は。好きです進様。
そんでもってたえちゃん超可愛い…可愛すぎる…。ぶっちゃけたえちゃんが一番良かった。



伍男:博
もう好き過ぎて好き過ぎ…良かった良かった…(涙)大人になった!成長した!
そんなに甘さはないけど、なんというかまさに「結実スル想イ」でした。
やっと長かった彼の成長物語&2人の恋物語が完結したなーって思いました。
これから始まる第二章というかね。あーええわええわー。
人気がなくても(ないよねあんまり…いいの"WITH LOVE"だから…)超好き…!



六男:雅様
…雅様、素敵です…!(萌)
頭が切れる癖に彼女にはめっぽう弱いっていう本編でもあったアレがさらに加速。
可愛いやら悶えるやら…成長した(あわよくばおっさんになった)雅様がもっとみたいです可愛いです好きです。
ってかなんで守さん同席なんですか(笑)普通2人がいいのでは?
やーもう可愛いです。



隠し:守様
海で2人で思い出話。もうすっかり良い夫婦
守・博は対等夫婦って感じですよね。その上守様は頭が上がりません度高いよね。(皆そうなんだけどね。)
本編がもうちょっと…しっかりしてればなぁ(しつこい)


コメント

  1. なつ | URL | -

    はじめまして。突然こんなところにコメントしてすみません。

    最近、華ヤカをプレイし、いろいろな人の感想をみていてたどり着きました。
    あまりにも自分と似た感想でしたので、びっくりしてぜひ一言、と書き込みさせていただきました。
    私も、博が一番というマイナー組ですw茂と隠しの人がちょっとというのも同じです。
    乙女ゲームは華ヤカが初でしたので、次のゲームの参考にもさせてもらいます(神なる君とあたりが気になりました)。

    では、突然失礼しました。キネマモザイクの感想もまた見に来ます!

  2. ごま | URL | AhMxZASs

    >なつ様

    はじめまして!書き込み有難うございます~大変嬉しいです!

    そして同じような感想とのことで、嬉し恥ずかし…いや嬉しいです(笑)
    博良いですよね~!なかなか同志がいないのですが…w
    一緒に居て幸せになれそうなところと、
    自分が居なくても大丈夫そうなところがなんか私は好きです(笑)

    茂様も大好きなんですけど、他の人のルートの時の方が輝く人というか…難しい人なので恋しにくいというか(何が)。
    守さんもね~人物的には良いんだけど、ちょっと話が惜しいですよね。
    キネマモザイクではきっとまた違うでしょう!楽しみですね。

    私もコンシューマでの乙女ゲームは華ヤカが初めてみたいなものだったのでとても親近感!で、ございますよ~。

    神なるは、多少ふんわりしたお話ではありますが、兎に角優しい物語でした。刺激をお求めではないのであればゼヒゼヒ(笑)

    また是非お越しくださいね!お待ちしております~!
    ありがとうございました。

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

Trackback URL
Trackbacks



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。