--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Musketeer: Treville

11:28

マスケティア:トレヴィル(教師)
「マスケティア」公式サイト
マスケティアのキャラ、雑感メモ書き。

今回は…色々持っていかれましたよ。私、これっぽっちも先生には、興味がなかったんですよ…ええ。
「別に取り立てて好みでもないし?昼間から一杯一杯の人(笑)だよねえ?( ´_ゝ`)フーン」なんて、ね…
それが…それが…ワッサワサと揺さぶられ(喜怒哀楽+萌の全部使ったよ)、仕舞いには大号泣ですよ。どういうことよこれは。先生というよりシナリオにやられたね。ダルタニアンにも。

以下、ネタバレも含みます。閲覧注意で。

Treville~酔いどれ乙女教師

VISUAL

中性的な感じもするなーなんて思っていたけど脱いだらそれなりにアレだった!ごめん先生!
マスケってみんな細くなくていいよなあ…(あ、アラミス様は華奢枠だっけ?)流石に体毛はないけどさ…(別に描写は良いけどすね毛の一つもない男なんてフンって感じじゃない?そうでもない?え?)。
あとスチルがグンバツ☆に素敵だったです。

VOICE
落ち着いた声で、教師らしいねって平常心で思ってたくらいなのに、先生自身のパートに入るといろんな先生の面が見えてきてさ、慌てる先生、酔いどれ先生、甘える先生、お仕置き先生…ああ先生…好き…!!ってなるんよ!!これが!!!

CHARACTER
葛藤する乙女な復讐の悪魔(うっかり屋さん☆)
自分で不幸にしてやろうとして惚れちゃうなんて…ホンッとあなた…可愛い…。(いや可愛いで済まされない人なんだけれどもね。)

色々含めたシナリオでは1番好きかもしれません。(言わずもがな、ポルトス√も1番好きなんですが。純粋にやり取り含めた彼自身が好き過ぎるので先生のルートとは比較できないけれど)
謎が殆ど解かれているからというのもあるだろうけど、先生の葛藤とダルニャンの葛藤とでも惹かれてしまう2人、お互いの因縁、そして先生の罪深さとか考えると酷いんだけれどもそれでも心奪われてしまう「禁断感」がまた…。エンディングも私は好きです。そりゃそのまま幸せになんてなれないよね。

LOVE
パトリック氏の瞬間妄想講座/体育座り/恋人ごっこ/思ったよりずっとウブ/頬染め顔


 

6周目メモ
・アンヌめがああああああああああああ!!!アトスを苦しめやがってええええええええ!!!
・多分ダルをアトスが殺したら、学園の生徒を逃して自分も死んだ気がする。
・恨みの心って疲れるだけなんだねえ
・先生まさかの大穴。思い出したらキュンってなるわい
・でもやっぱりポルトスが好き。毎日朝と夜、イベント再生しちゃう程に。


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。