Vorrei essere vicino a te.

21:56

デス・コネクション -portable-のまとめみたいなもの。

デスコネついにフルコンプ。
決して「よく出来た」ゲームではないし、整合性は取れてなくて雑な部分もあり、よく分からない部分や設定が活かされていない所も多々あれど、魅力的なキャラクター達と過ごす生活、楽しい掛け合い、そして物悲しい恋物語など…何がそんなに良いのか分からないんだけど、惹き付けられるものがあった
OPやBGMなどはもうそれはそれは雰囲気があってカッコ良くて素晴らしかった!(サントラ速攻で買いました)


DEATH CONNECTION -知っておきたいこと- 
アダルトな表現多々+マフィア&死神設定ということもあって決して上品ではない
(言い方、表現、行動共に上品とは言い難い。所謂「情事」を想像させるものあり。苦手な人回避推奨)
殺人表現多々。あらゆる意味で、人がよく死ぬ。
・ヒロインは「守られ」キャラである。(まあ相手が相手ですから鍛えて立ち向かえという方がどうかなーでも受動キャラである)+加えて世間知らずである。ルートによる性格のばらつきがある
心からのハッピーエンド、大団円ではない
(どちらかといえば割り切れない幸せと物悲しさ込み。でも暗すぎるということはない、と思う)
・ヒロインのデフォルト呼びなし(名前の部分がぽっかり空くのが非常に残念)
・人を非常に選ぶEDがある・ヒロイン=自分の人には特に辛い展開の終わりがある
(詳しくはネタバレになるから言えないけど、本当に人を選ぶ。地雷かも。)

前提として知っておきたいところはこんなところかな。寝るだの殺すだの抱くだのあるけど、そんなに描写としては激しいって事はないし、ゴマリア的には別に大した事はないけどやっぱり乙ゲでそういうのは求めてないわよ!って人は避けるが吉。あとは心から良かった良かった!幸せ!っていうのはあり得ないところも特徴かな。多分2人は幸せではあると思うんだけど、一般的なハッピーエンドとはまた一線を画すものです。逆にそういうのが好きな人オススメ。 あ、全体的な糖度はあんまり高くないかも

さて以下は、ネタバレやや含みゲームの好き嫌い、キャラ感想などなど。


 
好き
・キャラの掛け合い超好き!出来るだけ皆と一緒にいたくなる仕様 
 ・目パチパチ、口パクパク、季節の移ろいが分かる背景、動き、
・BGMが効果的に場面に挿入。特に別れのシーンや悲しいところではもう涙腺を刺激しまくる
・雰囲気がかっこいい
・オマケの充実ぶり(しかも皆の掛け合い重視の面白設定)


ちょっと残念
・結局誰がどの罪だったのかよく分からないですよ私は…
・もっと「大罪」と「狩る能力」とかの設定を生かしてくれたら嬉しかった
・デフォ呼びがないと寂しい。変な間が気になる(名前を呼ばないなら「君」「お前」「あなた」とかそういうので埋めていただけると ありがたいんだけどねー華ヤカみたいに)
・相手の出方待ち(敵であるグィードの行動を待つの)が多くて、こちらからガンガン動くルートがあっても良かったのではと思うこともあった。
・殴りたくなる義男のデレ顔 (ってか皆割りとデレっとした顔ヘンですよ!どうなのよそれ!) 



「今がよければそれでいい」、「今が全てなんだから」っていう台詞が割とでてきたように思えるんだけど、それは時の止まったキャラ達が、自分に言い聞かせている様でもあり、精一杯今を楽しもうとしているようでもあり。今の積み重ね、幸せな思い出というのは、別れがきてもそれは大きな力になってくれるよね。
…なんて思ったりしましたね。皆に出来るだけ優しい別れが来ますようにと願うばかり。

 
ヴィシャス (能力:死神を狩る力/コール:アメリア)

王道のメインヒーロー・ルートも切なくも希望に満ちた感じ
性質は真っ直ぐでツンデレ、分かりやすくて温かくていい子。個人的には凄く好みなはずなんだけども…『好感が持てる人』以上にはならなかったのが不思議。とっても好きですけどね。声質のせいもあって、怒鳴られた時に自分に響きすぎるのがダメなのかもしれん。(いや、ヴィシャスはこの声じゃなきゃダメってくらいハマっているし、鈴木さんは物凄く上手だと思いますよ!まじで。単なる私の受け方の問題。上手く表現できないんだけど。)
なんとなくジャンも祝福してるみたいなラストでしたね。あの後の2人、そして子どもがどうなるのか気になるところ。 子どもがまた子どもを作り、そして…って続く未来があればヴィシャスも寂しくない、かな?地獄に帰ってもいいしね。

ルチアーノ (能力:未来を狩る力 /コール:グィード)

THE天邪鬼・めんどくさい男・なのに超気になる…
とにかく面倒な男!分かりにくいとは思わないし、逆に本当は寂しがりで人好きなくせに…こいつ…こいつは…!!ってたまに引っ叩いてやりたいような、ほんっっとにヤレヤレ┐('д')┌な男なんだけど…なのに何故か凄く気になってしょうがない人No.1である…好き、な、のかな…でも1つ言えるのは明らかにヴィシャスよりも目が離せないのです。ああなんで…もっと 素直さを引き出したいと思う自分が居るような…。ラストでちょっと素直になってあれを見て「ったく!」って思いつつもニヤニヤしちゃう自分ェ…。 (ホント彼のルートをやった後は「誰よりすきなのに(古内東子)」を何回も聴いたもんだ…)

グロリア (能力:時間を狩る力/コール:グィード)

大人の余裕とそしてたまに見えるピュアさ&低音ボイスにズッキュン
まさかの大穴キャラ。ロン毛は基本的に嫌いで、大人ポジションに居るキャラもそんなに受け付けない…のだけど、彼には持っていかれたですよ…。天然タラシで、無意識なんだけど凄くモテるでしょうね。多分「無意識」っていうのが私の中では良くて、あと照れが入る場面では照れが入っていて、そこも好き。安元さんの声、今まで特に好きだと思ったことはないんだけど今回のはツボに入りまくりだった!最後に髪を切ってやってくるシーンとか、持っていかれましたねー。いや、グロリーはロン毛も良いけどね!彼のルートは切ないけど、最終的に過去を繰り返さない選択は、彼の中にある壁を越えたようで好きでした。

ニコール/ニコラス (能力:思考を狩る力/コール:アメリア)

チャーミングすぎるニコール/女慣れしてる癖に実は初心ってどうしよう、な、ニコラス
このゲームに欠かせないのがニコールと言えるでしょう。暗くなりがちな設定や場面を明るくしてくれる華のような存在。本当に魅力的で、時に男前で、ピュアで素敵すぎました。
そして攻略対象のニコラス…兄貴はふわっと女性を捕らえて離さず、かつ、ストレートで攻めるにのに弟は大事だから手を出せない、なかなか出さないってもう…ソファーでの2人とか、兄貴の方がいいよな…とかモジモジしたりさ…後日談のテンパリぶりとかさ…初心スキーには、たまらないものがあり…兄弟共々有難うございますといったところで…ハイ…やっぱ私は相手と対等感があって、初心なM寄りというか、受け入れてくれる人に萌え上がる体質ですありがとうございました。(最初怒鳴ってた時は戸惑ってたんだけどね。やっぱり声質の相性でしょうかね。) 
レオナルド(能力:能力(才能)を狩る力/コール:アメリア)
 
一番のS・毒舌小悪魔・美食家だからちょっと苦手、しかし他ルートだとキレ者でイイ
自分のルートだと、賢すぎるというか、義男まで込みで楽しまれてるというか翻弄されている感じが、どうも苦手だったな…面白くて賢い子なんだけど、彼独自のルートでは好きになれなかった。やっぱSっていうのが大きいかもしれない。加えて美食家設定。ご飯は煩いこと言わずに美味しく頂く人を愛している自分にとっては辛いのよね…。文句言わずに美味しいものだけ好んでいればなんら問題ないのですが。残念…。可愛いんだけどなあ。 あ、義男とお揃いのマグカップをもらうシーンは良かった!あれ好きだよ!
 
icon_64_r06.gifヨシュア(能力:しつこさ師範代 不明)
 
自分以外のルートだと、煩いけど良い奴の義男。自分のルートだとけり倒したくなる義男。
…義男ね…もう語るべきことは語った気がしますのでこちらをどうぞ…嫌いか?と言われたら嫌いじゃないです。うん。でも恋したり愛したりとかじゃないかなw やっぱ矯正したいとか蹴りたいとか殴りたいとかそういうの?でもいい子だと思います。多分好きだと思うんだ、うんw なんだろうね。最初「こいつはダメだ!!!」って凄い拒否してたんだけど今はそんな風に思えるなんてね!でも絶対恋はしない!あとデレ顔はハンパなく殴りたいw 酒豪神父バンザイ!

メディシス(能力:存在を狩る力(存在そのものをなかったことにする)/コール:グィード) 
 
「さ、触らないで下さいっ…離れて…っ」がたまらん、良い声過ぎる考えすぎのちゃっかり紳士
腹黒キャラかなと思ったけどそこまでないところが宜しかった。やっぱお育ちでしょうか?策士かもしれないけど黒さが見えません。そして恋も考えすぎたり、ヒロインにオタオタしたり、お触りで焦ったりと…Mっぽさが堪らない紳士。こっちからガンガン行きたい人。受け入れてくれると信じてる!!ルート全体を見ても安定していて楽しい。メディシスはデレ顔大好きです。でもあのポーズはちょっとヘンだ!といつも思いながら笑ってます。声いいよね…吐息まで良い。嗜好はちょっとマニアック、かもしれない。そこも好きである。「私がオバさんになっても」安心指数NO.1はメディシスに決定。ババコンだもんね!
 
icon_64_r06.gifジャン(能力:なんでもござれ)
 
はじめてのこいをしったかわいいおじさんにもだえる
ニヤニヤ指数が高かった「初めて」を知るジャンルート。可愛くて可愛くてしょうがなかった。また無自覚なのがなあ…スチルは相当怖いんですけど。チンピラですよアナタ。低い声がとてもマッチしていた。星野さんの声、私好きですね~リシュリュー様のときもだったけど、ジャンのほうが好きかな。「やれやれ」って呟きが素敵です。



コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks