誰かのために。

21:37

神なる君と:ニノ神 弓鶴(にのかみ ゆづる)

「神なる君と」-三人目は、上から目線の毒舌メガネ先輩、弓鶴さんです。

しきりに咲耶が「優しい人」って言ってるのを聞いて「優しいとか言ってもアレでしょ?乙ゲとか少女漫画特有の
”あなたの優しさは私には分かる…”ってやつでしょ?もー。」とか思ってたんですよ…
そ したらホントに優しかったというね。ちくしょうちくしょう・。゚(゚^ω^゚)。゚・ (優しくないとか思ってないけど、こんな滅茶苦茶言われてガッツあるな咲耶…とか思ってたのが正しいというかね!)
口が悪いのも致し方ないよ…うんうん…とか思ってしまう説得力のある背景が彼にはあったね。
凄くバランスが取れて話としても面白いし、甘いし、切ないし、相変わらず想いが伝わるようなルートでありました。

以下ネタバレ満載の感想メモ。くれぐれも閲覧注意。 (八雲√も終わってからの閲覧が良いかも)

いつでも、優しいひと 

ニノ神 弓鶴、その歩み(?)

・実は、生贄になった人間の子供(八雲の祖先)を救ったのが弓鶴(もとは神) 
・天の禁を犯して相手を生き返らせたために妖にされてしまう 
・しかもその後、大吹雪が地元で起き、それが弓鶴のせいにされて監禁される
(生贄を生き返らせたから、反動で大吹雪が来て人が多数死んだと疑われた実際は彼のせいではないど)
飲まず食わずの打たれ殴られの八つ当たり対象 
・やっと抜け出せた後も、人のために善行を積まないと神として復帰できない・故郷に帰れない

そら人間怨むわ( ゚Д゚)…
と、彼が人間を「恨んでいる」と言っていたその気持ちが分かったという…
共通ルートでは、うっすらとしか見えてなかった弓鶴の優しさが、個別ルートに入ってから一気に明らかになってホロホロと泣いた…。自分の親友(=生贄)が死ぬのを何とかしたいと、生き返らせた結果が、人間に追い詰められ監禁され、何十年と光の届かないところに閉じ込められ、抜け出してみれば、その人間のための善行を積んでいかないと自分の罪が晴れない…と。
もうねー…弓鶴先輩の辛さと同時に、それでもやっぱり人が好きなんだなっていうのが伝わって胸が痛い痛い。 好きだけど憎い。憎いけど好き。の間で苦しんでいたんだと思うと…(涙)

そんな背景がある先輩は、咲耶達に会って、人との関わり合いで絆みたいなものを感じて(一方で苦しみつつ)、咲耶に惹かれていって…もう少しで神として復帰できるというところまで力が溜まっていたのに、彼女のためにその力を全部使ってしまう。また人のために、自分の力を使ってしまった先輩…今までの力を全て使ってしまった自分に戸惑い、憤り、そして自分の全てが明るみになってしまったから全ての人から記憶を消していなくなる(今までも、記憶操作をして人間の社会に溶け込んでいたから雑作もないこと)
…だああああああ。・゚・(ノД`)・゚・。(涙)ゆづるううううう…!!!おまえってやつぁ…!!! 
 
私が今回1番グッと来たのはここですね… この、記憶操作されてからの咲耶の心理描写。
皆、弓鶴のことを忘れてしまって、覚えているのは八雲と自分だけ。しかもその記憶も日を追うごとに薄れていって、顔も思い出せない、声も分からない、そしてそのうち名前も忘れて、最終的には好きな気持ちだけが残って、それを思って探し回る描写がもう・・・もう・・・・!!!!  そして自分の気持ちに気が付く2人…(キスシーンも今までのルートになく甘いぜ…やるな先輩。キス後、翌日の咲耶喪可愛いじゃないか…でも鳴海が不憫で泣けるんだ私。)


幸せになるために 
その後、弓鶴にどうにか天に帰ってもらいたい咲耶が、亡霊を祓いに行って結局、命の危機→また弓鶴の力を使って、それを食い止めるという流れで(結局また溜まった力を咲耶のために使っちゃうから人になってしまうという…)、天には帰れなくなっちゃったけど、それで良かったと思う。 咲耶が「生きていたい・・・」って泣くシーンはリアルで良かったよ。たかだか17歳の女の子が、私は死んでも構わないさようなら先輩とか言えるほうが嘘くさいからな。

咲耶と同じように生きて、同じように死んで、今度こそ幸せでいてほしい。今までだって幸せはあっただろうけど。
赤いマフラーを2人で使って何時までも幸せに・・・!YUZURU!( ^∀^)ゲラゲラ 

 
その他
・幸せの2人の裏で、八雲の行く末(完治するかどうか)かなり心配であった… でも信じてる…(涙)
・前回から共通ルートの間に挟まれるサブキャラルート(今回はふーさんエピソード)で、他のメンバーを選んだ場合の選択肢も拾って行ってるんだけど、それがまたなかなか良い。皆素敵である…。
・猫耳としっぽの意味ってあんまりなかったね。フッサフサーってしたかったのにっ
・このルートでは、鳴海の優しさに触れて凄く泣きたくなる…この子も幸せにしたい(つд`)


コメント

  1. あかり | URL | -

    こんばんはー!

    お久しぶりです!!

    ごまさんが神なる君と、プレイされるの、まってましたぁぁぁ!!!
    ゲームメーターの方で簡単な感想も読ませていただきましたが、やっぱり八雲兄さん最萌えですかww(中の人も、相まってですよねw)

    八雲をプレイすると、どうしても弓鶴は気になりますよね。
    てか、八雲のことは、八雲の真相を知ってしまうと、どのルートやってても気になりません?!
    この時、八雲ってどうなんだろう、苦しんでるのかなって(涙)
    ミコトルートの時とか、泣けてしょうがありませんでしたよ(笑)

    私は、弓鶴最萌えですw
    人間を憎みながらも、愛さずにはいられない、弓鶴先輩の葛藤にもう、もう何度前が見えなくなったことか…!!!

    自分の数百年を犠牲にしてでも、咲耶と生きる道を選ぶところは、本当に素敵でした!
    やっぱり…やっぱり、私は大団円なエンドよりも、少し痛みの残る、こういうエンドが好きです。

    猫耳…の意味www
    確かになかった…!!なかったですね!(開眼)
    ていうか猫耳のスチルもほとんどないですよねww

    神なる君とは、本当にみんなが、みんな、幸せにしてあげたいキャラクターばかりでしたね!
    しかし個人的には、やっぱりこの方のテキストは前作、夏空のモノローグのように、ノベル形式の方があってるなぁと思いました。
    「夏空のモノローグ」が個人的にめちゃめちゃ好みで、どツボにハマった作品だったので…やはりどうしても比べてしまうのが、ちょっとツラかったですw

    長々と失礼しました★
    ではまた~!

  2. ごま. | URL | -

    遅くなりました!


    >あかりさん

    お久しぶりです!(って前回書いて送信したのに反映されてない…orz)

    私もあかりさんがプレイさせていたのを知って、
    フルコンプしてからコッソリと見にいきましたよ~!
    優しい気持ちになれるゲームでした。ほわっとしてるけどw

    それでやっぱり八雲が一番、ですね~
    でもね、鳴海もかなり好きなのでどっちもかも?
    攻略対象者は5人とも好きです!
    (あ、でもミコトさんに関しては好きというよりも
    ほっとけないわこの人(この神)みたいな感じ?w)

    八雲は本当に素敵な兄貴分で、カッコ良かったです。
    ただの野人じゃなかったね!みたいな!(・∀・)アハハ

    あかりさんも、やはり弓鶴ですか!という感想です(笑)
    弓鶴ルートは、バランスが良くて一番好きかもしれません。
    彼自身も優しすぎる程に優しくてねえ…。
    (あ、耳は妖だから耳付けちゃえ!くらいな設定かもしれないけどw

    皆本当に幸せになってほしい人ばっかりでした。
    夏空、評判良いですね~やりたいんだけどな…
    移植期待しています!

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

Trackback URL
Trackbacks