--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相モ変ワラズ。

19:47

 
華ヤカ哉、我ガ一族
キネマモザイク
 (PSP)
ジャンル:女性向け恋愛ADV
発売日:2011年12月8日
CERO:C(15才以上対象)
原画:ユウヤ
ディレクター:高木亜由美
公式サイト


全国3,000のゴミ虫使用人の皆さまこんにちは。浅木ごま・通称ごま吉(博専属使用人)です。
待ちに待った華ヤカなる御兄弟とのめくるめく日々の到来に、ゴミの皆さんはうち震えていらっしゃることでしょう…!多分に漏れず私もOPが始まればグッときて、設定画面やら音楽やらがそのまんまあの『華ヤカ』であるという懐かしさに涙が…嗚呼、帝國に生まれてよかった…。(違う)

後日談→二年目→喜助(情報屋)と遊ぶ予定で、後日談はもう終わったので感想をメモメモ。
各人の感想は若干のネタバレありで。

後日談もーど

1年目のあの胸のときめきを大事にしたい…っていうことで、公式推奨の後日談から行きました。
一言でいえば相変わらずの御兄弟

基本幸せだから安心しきってのプレイなんすよ!(CV:喜助)
ホント御兄弟のやり取りも、御兄弟自身も各々本当に変わらないね…という思いでいっぱい。
ドッキュンきたり笑えたりニヤニヤしたりとたまらん成分満載。
ただスチルがちょっとコッテリ?なんかちょっと塗りがゴッテリしてて、あとスチルを出すタイミングがもうちょい遅めで良いんじゃ?って思ったけど、御兄弟への愛の前には些細なこと(調教済み)。
(加えて、ちょっと音声が一部ちょっとおかしかったような?これは私のPSPのせいかもしれん)

プレイ時間的には、大して長くないです。さらさらっと。
ダウンロードコンテンツ後のお話ってことなのでDLC購入した方が良いかどうか、ってことだけど、
やっていたらより楽しい・やらなくても大丈夫位の感じじゃないかな。私は信者なので、どんなんでもご馳走だけどね(^ω^)でへへ。ということで、個人の感想さらさらっと。

参考(にはならない):DLCの感想



長男:正様
ホント、言葉もない程…素敵です……好きです…。
はるの言動に振り回されたり心配したり、もうニヤニヤが止まらない。
そして子作りを周りにせっつかれるピュアぶり
彼が本懐を遂げるのはいつだろうか!!安定した可愛いおっさんである…
スチルも素敵でした。は~ごちそうごちそう。 御兄弟のやり取りも相変わらずステキだ…
(ズバっと切りこむ雅様が面白いんだな。博がいないのが切ないが仕方ない。)



次男:勇様
…大丈夫かこの当主wwww …この方もほんっとブレませんね!いっそ清々しいわ。
どんだけ『はるバカ』なんでしょう。子供にヤキモチも想定内でしたが、まーホント大丈夫か宮ノ杜家!
長男との対比でますます面白い。長男弐男はギャグ担当。
(初心スキーゆえに正様への愛が止まらなくなり、勇様への思いは面白い方向へ向かいました。
しかし勇様ファンが多いのは納得であります。愛されたい方はたまらんだろう)
(トキ様のお声が違うのがちょっと残念でありました…早く復帰していただけたらな(´・ω・`)心配であります)



参男:茂様
よかったぁよかったぁ幸せそうでよかったぁ(*´∀`*)
基本「幸せ」を前提とした後日談だけど、茂様に対しては心からそう思いました。
現実を見据えて生き生きしていて、それでいて茂様らしいふんわりとしたお色気ありで、いいねぇ。
あと静子様も色々楽しそうで何より。 これからもずっと幸せで居てほしい・・・。
親子関係もなんか良い感じで安心安心。
(余談ですが、キネモザ発売記念ラジオを聴いて、茂様のこと前より好きになりました。)



四男:進様
やっぱこの人の優しい支配は怖くもあり、ゾクゾクする感じでもあり。
ダークサイドをナチュラルに垣間見せつつ、はるを独占したがる進様
全国の進様ラブな方々は滾ったのでは? (あんなもんじゃ足りないって言われそうですね、失礼)
一見丁寧なんだけど、他人には興味無くて、 どうでも良い感じが声からも伝わる…痺れるね!!
その反面愛されると、じわじわ浸食していくように支配するというかなんというか…。
「好きだよね?」「俺しか居ないよね?」にゾックリ。流石の進様であります。

 

伍男:博
もうね、博は良いんです。なんでも。
たとえ博√の途中で出てきた(成長した)雅様に全部持っていかれても平気なんです!(涙)
私の中では前作→ラスト→ラスト後の再会→DLCの流れ、
そして今回の後日談モードまで、幸せな2人が見れて安心なんです。
御兄弟の中で、1番印象が薄くても構わない!普通で良い!(泣いてないよ)
一緒にいると幸せになれそうなタメ口きけそうなエゲレスの風を感じる博フォーエバーラブ。
何で好きなのか分からないけど、ホント、大好きです。ラーブ。
(…しかし博もおめでたを予感させることをしてるのに長男ときたら…はぁ…愛してます正様) ←?



六男:雅様
えーっと。宇宙の法則が乱れる勢いで可愛かった。
(某ラジオでリスナーさんが使っていた言い回しをつかう日が来るとは。。。)
恐ろしくキレ者なのに恋愛面では奥手っていう設定はどうしたらいいのか。いちいち可愛い。
初心スキーとしては熱い展開でした…可愛いです!ありがとうございます!(土下座)。
あとまもっさんの演技の切り替えに腹筋崩壊。相変わらず四男とは認めてないけどな!
(博が伍男ってのが良かったからその私怨もある。5っていう数字が好きなん…)



隠し:守様 
私怨だと殺せないのかも…って自分で言っちゃったよこの人/(^o^)\みんなうすうす感じてたよ!
ってちょっと笑っちゃった・・・。
なんていうかこの人基本はるにも頭上がらないし、
雅様ルートじゃ雅様にも全然頭上がらないし、なんか不憫枠で残念な所が面白いですね。
二年目はそこに期待してるよ! 着物姿(書生姿)ではるちゃんと並んでる姿は実にお似合いだなあ。


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。