大人ニ為ル方法 (伍男:博)

20:41


キネマモザイク:宮ノ杜 博(伍男)
「華ヤカ哉、我ガ一族 キネマモザイク」公式サイト 

キネマモザイク』、弐年目モードの一人目は、初恋の君・宮ノ杜博。
前作でもトップだったし、1番は彼と決めていました。 大好きなんです。博が!!
前半~中盤までは、本当にでへへ無双。 でへへ⇒でーへーへーへーみたいなパワーアップもあり。大好きで涙がでそうだったよ!!ひーろーしーーー!!!そして脇に構える御兄弟のなんと優しきことか!!
肝心の内容は、まあ色々思うところあるけど、やっぱり博が好きってことが分かったので良し。

以下ネタバレ満載の書きなぐり。閲覧注意。


弐年目の成長物語。

一年目も子どもから大人への階段登る物語だったけど、 弐年目も同じですね。
洋行の中止、自分の進路、祖父を殺した兄弟との対面、 父親とのこと、そして初恋。
自分と向き合い、逃げて、焦って悩んで、受け入れて消化していく。 そういう出来事の中の1つとして、はるとの「恋」が描写されているという印象でした 。糖度は1年目より低いかも?
相変わらずまっすぐで可愛くて甘ったれで子どもで素直であるけれども、
一年目よりは、比較的大人だったかな。(あくまで一年目との比較なので変わらずのお子様でありますよ)
少しずつ少しずつではあるけれど成長していく博さんでありました。

とにかく皆の優しさが伝わるルートだった! 特に御兄弟の温かい協力と後押しがもうね…沁みるわ。
御兄弟グッジョブ!と何度思ったことか。
ちびキャラになっても博を案じる御兄弟の面々(+相変わらずの勇様)に胸熱。
(あと、はるの両親にも泣かされたよ…ホントに理解あるわな…)

恋愛面に関しては相変わらずの初々しさ枠で、悶えた!ニヤニヤしたぜちくしょう!
あからさまに喜んででへへな部分が好きだ!大好きだ!(だから前半~中盤くらいまでは嬉しくてたまらんかった)

ただ、一年目より若干物分かりが良くなった分、勢いがないのかちょっと甘さが足りないぜ!と思った。
その分、一年目の方が好きかもしれない。
あー、あとさ。個人的にタメ口じゃないのが痛かった。 (博とはタメ口でいたいのよ!あと「◎◎吉」呼びがずっとなのもマイナスであるよ!あの呼び方の変化が熱かったのに…(涙))
んで、一旦別れてもいいけど、再会する、待てる為の大きな絆や思い出が欲しかったね。
もうひと盛り上がり欲しかった、というのが正直な所です。 

 a_20111215201455.jpg b_20111215201455.jpg 
△博の部屋と博に合わせた自分の部屋 夢見がちな流れ星である△


博について

彼は、基本的にとても恵まれている子であるな、と。環境的にも才能的にも凄いんだよね。 天才型というか。
でもやれるけどやらない。努力せず楽な方向に流れていた人。教授も言ってたけど、原石なんですな。
努力型の雅様にとっては、すごく苛々する存在だ。
(それでもやっぱり大事に思ってるところがチラチラ見えるんだよなあ…ホント可愛いんだから…雅様。)
性格もまっすぐで、子どもだけど素直に謝れる。 そんなところが大好きです。大人版も好きです。

ルートも彼自身も賛否両論?というか 最萌になりにくいというのはよく分かる。
夢見がちな相手が、「現実を知る」物語だし。(って私は思ってますけど)
その分、恋<成長(自分)になる。「好き」を成長させる物語でもあるんだけども、そこはやや弱い。
現実からロマンス、の流れの方が支持されるだろうし、 他の御兄弟が個性的で魅力にあふれてるから。
(末っ子の方が、ホントよっぽど大人だしな。それにツンデレで爆発的に可愛いし)。

でも、出来る範囲での成長って部分も含めて、 私はやっぱり博が好きです。
いきなり超成長って感じじゃないところも、 自分勝手な部分も、不安定さも、すぐにくっつかないところもリアルであるし。突き詰めれば、博の気さくな所やご飯をおいしく食べる所、髪型やら、体系やら、分かりやすい所、諸々が私はタイプなんでしょう。 多分途中で喧嘩になる相手だけど、話は聞いてくれる人だからね!

余談ですが、医者博より発明家博の方が良いけど、 白衣姿は美味しく頂きました。でへへ。

一年目感想:宮ノ杜 博

『華ヤカ哉、我ガ一族』 関連

 

一週目のメモ
・千円使ったのは進様だけでしたな。
・秀男の正面と横顔のギャップが!でも秀男好き!
・まもっさんの恋のアドヴァイザーっぷりには恐れ入った。惚れそう。
・「お前の父親などではない」と言い切る玄一郎様のブレなさ
・何だかんだ言って博を気にかける末っ子様が可愛すぎる







コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks