--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見エナイ自己 (四男:進)

18:34


キネマモザイク:宮ノ杜 進(四男)
「華ヤカ哉、我ガ一族 キネマモザイク」公式サイト

キネマモザイク』、弐年目モード、五人目は、皆のサポート役(※但し、振り切れるまでは)の進様。 …率直に言えば一年目の方がずっと好き。ただ、弐年目は何故か知らないんだけど、彼から物凄いエロスを感じました。これは私だけなのかもしれないけど。(私はヤンデレとかそっち方面には耐性というか、興味ないので、普段の生活の中の進様に、だけど)やたらやらしく感じられてモジモジしたというかなんというか。ま、ルートは割とエピソード継ぎ接ぎ?で、とっちらかった印象なんだけども。

以下ネタバレ満載の書きなぐり。閲覧注意。
 

見えない本質と着地点 

進様のルートは…どういう話だったかっていうのも纏めづらい。進様が自分の本質がどういうものであるかを知り、そして大事な相手に気が付くまでの4月~11月という期間、なんだろうけど、なんか諸々の収拾のつけ方がなぁ…進様のことは大好きなんだけど、今回はとても掴み辛いと言いますか。

1年目と違って、進様はかなりはるちゃんLOVEなのも驚いたけれど(博は昔から主人公大好きだし、他の兄弟は相変わらず最初はそれなりの接し方なんだけど、進様は大好きオーラ?が凄くて吃驚)、それが弐年目であり、個人的には何かエロいものを感じて宜しかったというか納得。ま、むっつりが好きなんです私。

でも他に詰め込まれたエピソードがいかんとも。たえちゃんとの専属争い(このエピソードはちょっと嫌だ。たえちゃんそんなこと言わないだろヽ(`Д´)ノ!!)があったり、はるちゃんが撃たれたり、犯人が分かって主人公を手にかけようとしたり、鬱になったり、玄一郎様がきっかけで浮上したり、村八分問題があったり、またブチ切れたり、責任を取って結婚するとか言い出したり、いやいや責任じゃなくて好きで独占したいから、とか…うーん。なんだろう、進様の気持ちが見えない。分かりづらい。

進様の本質=他に興味がない+怒りゲージがいっぱいになると我を忘れてキレる(キレた間の記憶なし)
…ってことなんだけど、それまで酷いことをしてしまったのは、それはそれで仕方ないんだけど、ちゃんと決着が付いたのか分からなかったんですよね。そういうものが内在していてもコントロールできるようになった(?多分)1年目と違って、弐年目はホントに大丈夫なのか?っていうのが付きまとう。私の読みが甘いのでしょうかね?ちょっと落ち着いた頃、また改めてやろうかな。
 
嫌いなルートとかではないんだけど「よく分からない」というのが本音でした。残念。
あ、スチルはとても魅力的!よかった! (皆割りと良いよね今回!でも博のラストスチルなんて…なんて…orz
それにしても…エロかったな…なんでだろ…。  
   a_20120119154032.jpg b_20120119154032.jpg    
△進様の部屋はベッドにごろごろしたくなるんだよな…自分の部屋はそろそろネタが…△ 


一年目感想:宮ノ杜 進

『華ヤカ哉、我ガ一族』 関連

 

伍週目メモ
・千円の使い道:畑を買った(進様)、だけ?
・やっぱ進様ルートのたえちゃんはあんまりなー。あんなことたえちゃんならやらないなって。
・まもっさんもイマイチ普通であったし、雅様も冴えてなかったような?


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。