恋愛ノススメ (情報屋:喜助)

22:10


キネマモザイク:有田 喜助(情報屋)
「華ヤカ哉、我ガ一族 キネマモザイク」公式サイト

キネマモザイク』、今回は情報屋もーどをプレイしました。喜助には思い入れも何も無かったし、気軽にやれそうだったから楽にいけるわーと思ってたら、とんだダークホース本気(マジ)喜助と結婚します。ってなった…。 なにこの初々しい自然な恋愛枠。。。好きにならないわけないっす!シナリオとかスチルは何というか…やっぱ御兄弟と同列にするわけにはいかないので、ここら辺が落としどころだったんだろうな、って思えましたが十分美味しかったです本当に有難う御座いました高木様(土下座)。

以下ネタバレ含む書きなぐり。ほぼ感想のみ。閲覧注意。
 

kis_20120107220610.gif 情報屋と使用人の恋愛結婚 
『情報屋もーど』は、その名の通り情報屋としての喜助の一面と、そして使用人である主人公との淡い恋模様を描いたルートなんだけど、「うん、それはそれは自然だね!恋するわ、そりゃ。」と大納得のルートでした。
身分違いでもなく、優しくて頼れて賢くて、一緒に頑張っていけて、しかも初心ときたもんだ(あ、最後のは個人的な惚れるポイントだわ。) そしてはるにとっては運命の人だもんね。ある意味。すっかり忘れてましたが。ちょっとアレなところは納豆が大好物なところくらいか。ちょっと職業的に大変な側面はあるけれど、なんとかならぁな!みたいな。
華ヤカは身分違いの切ない恋やら障害やらを楽しんだりするゲームなんだけど、これはこれでねえ?(秀男ルートも来いよと思ってるんだけど、ないんだよね…多分) やっぱり対等枠が好きなので、喜助の「一緒に頑張れる感」はグッとくる。

喜助いいなー。海岸でこうしたかったんだ、って手を繋いだりさー。はー。あの辺りからは、もっとやれ!い、今よ喜助!ガバッと!そこでチュッってやっちまえ!!!とか思いながら楽しんでたもんよ。まあさ、シナリオは短いし、接吻もさせて貰えない情報屋のあんちゃんだけど、、、でも妄想の中では色々と楽しめるから良いんだ。うん。あの時代にしては革新的な恋愛結婚+半同棲、みーたーいーなー。

しっかしあんな恋愛経験値不足で御兄弟になアドバイスをしていたと思うと(脱がす、とか、接吻とかさ)
ものすごく胸が熱くなりました…。 華ヤカの登場人物は、玄一郎様以外は全部恋愛ベタということだな。うん。

あと、千富さんの応援っぷりも素敵で、平助との言い合いは笑わせて頂いた…!(平:しかし結婚するタイミングが・・ 千:あら?じゃあ独身じゃないといけませんの?的な応戦が) あと、秀男さん、あなたなんでそんな色々得意(繕い物から料理まで)なんですか。あなた割とボンボンじゃないんですか??君とも結婚したい、って思っちゃったじゃん私!もう!(何が)

全ルート終わってから宮ノ杜の歴史本を眺めようと思いますのでその感想はまた後日追記予定。

『キネマモザイク』 関連

『華ヤカ哉、我ガ一族』 関連 


*Thanks:華ヤカ登場人物アイコンは「うらくも」さん作成でございます。ありがとうございます!




コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks