--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心ハモザイク

19:07

 『華ヤカ哉、我ガ一族~キネマモザイク~』、
前作の誕生日アイテムが残り3つとバッド以外は回収したので、感想をば。

弐年目はやけにお疲れモードでしたね。大好きです。安心の暴走クオリティ脇役だとメッチャ光るひとなんだけどな… ドヒャーでした。今回。でへへ大好きです。はるからしてよ、ってまた言って欲しかった…。賢くて賢くて可愛い。でも好き嫌いがねえ…。弐年目相当かっこよかったです!まさかのダークホース。初心枠ご馳走様でした。
FDと言えば大体甘さを全面に出した幸せの物語が一般的だろうけど、キネモザは、アナザストーリーというか、弐年目ならこうなるという可能性を示した物語で新しい形のFDじゃないかなーと思います。挑戦してるよね。(他にもこういうのありますかね?あったらすみません)
でも、ファンにとってはやはり前作の御兄弟像が頭に入っていて初めて「弐年目」が展開されるからそういう意味ではやっぱり「ファンディスク」なのかな。 FDとは思えない驚異のボリュームに驚くばかり。 トータル70時間越えてたという・・・まあ私がちびキャラまで色々見ていた結果ですが。

個人的には、一年目でも弐年目でも好きな方の思い出をチョイスすれば良いよ!とか思ってる。 だから私の中では、まもっさんとは弐年目に結ばれるし、博だったら一年目の彼を五年待ちたい。雅様も一年目。(喜助だけは問答無用で弐年目だけどね)そんな良いとこどり

以下は、好きな点、気になった点、好みとか。ネタバレをほんのり含んでます。


良かった点

兄弟の絆アップ
これは文句なし。御兄弟がワイワイ言い合うあの様子が好きというファンの期待に応えまくってる!
各々思い合う姿やらドタバタやら楽しかったです。 ちびキャラになっても楽しいし大満足!
まもっさんが参入?してもあくまでペースの変わらないそんな御兄弟が大好きさ。

後日談モード玄一郎様と母達の過去
あっさりしたものだったけど一年目の幸せの続き的な後日談を入れてくれて嬉しかった。(これの尺を長くしたものが一般的なFDになるんだけど、一年目が好きな人のことも考慮して入れて頂いたのは嬉しく。 )
そして宮ノ杜の歴史。面白かったです。ここから始まりたったのね…と。
それにしてもへーすけはどこまで玄一郎様に捧げてんのかよ、と、乙女ゲームでBLを想像させる恐ろしいキャラであった…(※乙ゲでBL設定を作るのは苦手なので良い意味ではないです… BLゲーとして作られたものは別に嫌じゃないんだけど)
良かったのはヨシ様のうわばみ設定。よって博が1番の酒豪決定(だよね?)。でへへ。

秀男
どういう立ち位置で出てくるのかなーと思ってたけど、非常に良かった。名脇役。 演技と突っ込みが光ってた。
時に御兄弟を挑発し、主人公に気がありそうだったり、うっかりしてたり、裁縫・料理・掃除上手だったり。
ルートによってのブレはあるけれど、それでも良いかな。 また中の人の演技、凄い。上手い。



気になった点

やっぱり人気キャラはブーストが凄い
1番それを感じたのは勇様かな。ハンパない優遇感というか。
雅様も私は個人的に合わなかっただけで、 一般的には人気があるのは分かりますともよ。
その優遇感を茂様(いや、茂様ルート好きなんだけどね私。 でも茂様自身の魅力は正直ゼロですあのルート)、もっとドヒャーな展開になってしまった進様に分けて下さいと思わなくもない…ような…。

たえちゃん
たえちゃんは魅力的なんだけど、前作よりもちょっと酷いって思うことが多かった。
弐年目の絆どこいったのよ!とか たえちゃんはこんな八つ当たり的なこと言わない!(涙)
言ってもすぐ反省する!ネチネチしない!!とか 思うことが多くてそれが辛かったですね…たえちゃん好きだからこそ辛いのさ!


 

壱年目と弐年目 


tes.gif 
今回順位付けはしにくいので並べては書かないけど、
一番好きなのは喜助。ルート含めて。まさかですよ。
まさかもまさか。自分でもびっくりです。初心バンザイ!
自分の中の不動の一位はで変わりないんだけど、
私の中では弐年目より断然壱年目なんでね。うん。
弐年目も変に待たせるとかしないしあれはあれで良いんだけど、
やっぱホラ…思い出が。一年目は思い出が!
まもっさんは断然弐年目派。とても良かったです。
勇様は安心の勇様クオリティ。ホントいろいろ大馬鹿で安心。
車飛び降りのインパクトで若干一年目。
正様は決着の付け方が一年目より弐年目の方が良いけど、
正様自身とか出来事とかの面(主に別荘)は一年目の方が好き。
茂様は弐年目だけど、ただし本人は眼中に入ってない感じ… 進様は一年目、雅様は好き嫌いのせいで断然一年目というね。



こんだけいろいろ考えたり心動かされたってことは、それだけ楽しめたってことでしょうね。 良かったです。
おなかいっぱい!ただ、一気にやらずに一人ずつ少しずつ時間をかけて…の方が華ヤカは消化しやすいんじゃないかな。 それぞれのキャラについてじっくり考える時間が大事というか。(前作は2カ月くらいダラダラやってたしな) 次の展開があるかどうかは分からないけど、次はゆっくりやりたいと思いました。


*Thanks:華ヤカ登場人物アイコンは「うらくも」さん作成でございます。ありがとうございます!



コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。