ゆるゆるとカチカチ(蒼/渓)

10:04


D.C. Girl's Symphony Pocket 四之宮 蒼/四之宮 渓
蒼 渓 
ダ・カーポガールズシンフォニーのキャラ、ルートの雑感メモ書き。
今回は、四之宮4兄弟の上2人。自由人の蒼兄ちゃんと、堅い渓兄ちゃん。 どうでも良いですけど、蒼兄ちゃん、立ち絵だと遠すぎるからか、目が超細く見えて残念です…。

以下、ネタバレ含む書き散らし。閲覧注意で。

line_long.gif 

四之宮 蒼 (しのみや あおい)

自由すぎてちょっとね…。…この人はね…正直、ルートではとても苦手で、こいつ大っ嫌い(゚Д゚)…とまで思ってしまった。 乙ゲーで初めての想いですよこれ(涙)(今はそんなことないけどね)『実は持病を抱えている』というのが分かるまでは、ルートが苦しくてしょうがなかったです。(ルート外では光ってたのに…特に渓ルートなんて良い奴じゃねーか!と感動したよ)
私、振り回されるのは嫌いじゃないけど、それは相手が自分のことを好きなのだと明らかに分かる場合であって、意味もなく振り回されるのは嫌いなのね(´・ω・`)
「それでもなんか憎めないなぁ」と思える程の魅力を彼から感じられなかった…元々好みのタイプから大きく外れているというのもあるけれど、彼が喜ぶ選択肢を選びたくなくて仕方なかった。なんでペット宜しく扱って貰わないとあかんの…(#^ω^)って。

人気のあるルートみたいで、好きって言う人も多いみたいですが、私はダメだった。いや、設定自体はとても良かったし、家族や史桜ちゃんに対する気持ちを吐露する部分なんて 凄くジーンときたんだけど、いかんせんそれに至るまで相手の愛情が見えなかったから辛かった… ペット扱いだって良いけど、その一方で大事っぽい独白でもあればなぁ。惜しい。あと後ろ髪、長いの切りたい。なんだあの中途半端な髪をくくった感じは!w

  ED曲「INORI」…ええ曲だよなー!素直で伸びやかな感じが好きです。だからこそ惜しい兄ちゃんである…。
 
四之宮 渓(しのみや けい)

コンプレックスに萌え・一生懸命さに悶え…す、好きです…。(あっ)
渓はねー、ルートに入るまで怖いし怒鳴るし、(子どもにまで怒鳴ってお前…)上から目線のカタブツは苦手だよ!!みたいに思ってたんだけど、ルートに入ったらあれよあれよと坂道を転がるように落ちていきました…なんていうか何でも完璧に!ってやる姿が大真面目なんだけどそれが可笑しかったり、 実はSかと思いきや実は動揺したり翻弄されたり、 声音もだんだん柔らかく優しくなっていく様なんてもう…こ、この野郎(*´д`*)!!
そっけないんだけど、要所要所で私がグッとくるポイントを押さえてくるんですよね… 舞台裏で台詞を言い合うシーンとか超好き!あと遊園地の写真を大切に持ってるところも、オカルトホラーのシーンも。実は受け入れ型であると踏んでいます。全然Sじゃない。(←これ私の中でかなりでかい。)

このルートでは本当にヒロイン頑張ってました。 (どのルートでも頑張る子で好感が持てるけど)
過去のトラウマがあるから大事なものは作りたくない、 誰にも侵されないように壁を作って遠ざけていたけど、 その壁をガーンと壊すんだからね。よくやった・゚・(つД`)・゚・
このルートでの蒼兄ちゃんは大好きです。「渓も幸せになって良いころだ」って台詞とかさ。泣かせるぜ。 時計の針が動いて彼の時間が動き出すってーのはベタだけど良いね!

  ED曲「time after time」…超好きだわー。もともと好きだったけど、歌詞の意味が分かってますます好きになった。



コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks