続・青少年の滾り(+アダルト)。

20:51


うたの☆プリンスさまっ♪
-Sweet Serenade- (PSP)

ジャンル:キスよりすごい音楽をアンコールだよADV
発売日:2011年2月10日
CERO:C(15才以上対象)
公式サイト





うたの☆プリンスさまっ♪のファンディスク。こちらは、Sクラス+先生2人の、本編後のストーリー。
AAディスクよりもSSの方が落ち着いた印象でしたね。クラスの印象そのままというか。AクラスよりSクラスのほうが、若干、冷静度は高いというか、芸能人ということを意識しているというか。
ま、それでもやるこたぁやりますが。(2名?を除いて) って感じだけどね!
※路上で手を繋いだり、空港でチュッチュする程度、あの世界ではノープロブレム&ノーカウント。常人ならざるパワーで、スキャンダルは察知してるんだろうと脳内で納得しているよ私は。

こちらのシナリオもAA以上にそれぞれの個性とか、テイストが違って面白かったです。先生ルートも含めて。
今回の爆弾というか衝撃はリューヤサーンでした。すげーよ先生…。王子達が子どもに見えた…よっ…!
以下、ネタバレありの感想。閲覧注意で。

*Thanks:うたプリ登場人物アイコンは「うらくも」さん作成でございます。ありがとうございます!
 


一ノ瀬 トキヤ(いちのせ ときや)
恋で脳内がキラキラ☆/甘くSな台詞満載/シナリオは王道で安心

トキヤルートは安定感アリアリ。HAYATO引退からトキヤとして自分を確立、完璧に色々こなしてハルちゃんも立派、社長も応援…と危なっかしさがない。そしてFDゆえ、最初から恋にやられてるトキヤ様は甘くSっぽく彼女を魅了とある意味完璧なんだけど、個人的に、完璧ゆえに笑えて仕方ない。『真面目だからこその可笑しさ』っていうの?愛を囁くシーンは声が出て(笑いで)m9(^Д^)プギャー…みたいな失礼さ。いや、私の中で彼は、おとやんとか先輩とかに翻弄されて「なっ!!!」とか、焦ってる姿が1番になっているのでしょうね…。そんな残念な彼を愛してます。
好きなシーンはHAYATO様がハルちゃんの為だけの引退番組をやってくれるところ。あそこはジーンとした。コンペで彼女が作った曲を見事に当てる姿も良いよね。大恋愛のラストでベール被せてキッスも王道!恥ずかしいけどハンサムだから、ロマンティックにハマるよなあ。(…が、その後、外で致すのはどうなのか。初めてなのに外。あそこはキスで終わるラストの方がいいんじゃ…)  歌も良いよね。大好きです。演奏しやすいし。しかし「はるか~」って彼女の名前入れちゃってまあ…プププ、って思っちゃうのが玉に瑕。




神宮寺 レン(じんぐうじ れん)
声にうっとり…/大人に見せかけてオロオロする可愛さ/ホントに10代なのかと思っちゃうぜ 

…何をなくても今回、素晴らしいのが、その声音。囁き、抑揚、吐息に腰が砕けるぜ…。Ep.1では大人っぽく恋に手馴れたレン様モードで迫ってくるのなんて、全然タイプじゃないのに凄いうっとり…。トキヤさんと違ってキザな台詞、こんなん言わないよ!というラテンな台詞や仕草が、ドハマリするお方だよ。(17~18歳だろうに…。) なのに、Ep.2以降では、実は初めての本気の恋に戸惑い、恋に臆病になる様子がなんとも可愛らしいではないか。 翔ちゃんにジェラシー感じるなんてアナタ…!それでも大恋愛のラストは結ばれない方が不自然という、これまたトキヤさんと真逆の感想を持ったのが流石です。それでこそ。そりゃ結ばれて当然!みたいな。 (しっかし大恋愛時、ハルちゃんの前だけでライブする時、誰が音楽流したんだろ…肩を抱いたりしてるの見られてないのか?いいのか?そんな疑問は野暮?)
友情ENDは爽やかで歳相応なのが良いよね。青春しちゃってまー。
余談だけど、ジョージはゴルゴか!と突っ込みを入れたくなる面白さであった。 歌はフルコーラス版のが絶対カッコいいと思うの。  
 


来栖 翔(くるす しょう)
か…っっこいい…/寸止めの美/最後の良心/自制心の塊/初心って素晴らしい

カッコ良い…かっこ良すぎるんですけど…っ!!いうことで、ごま的、うたプリ最愛の地位が揺ぎ無い漢(おとこ)の翔さんです。どんなに、レン様の声音に腰が砕けても、リューヤさんのアダルトさに度肝を抜かれても、1番ドキドキさせ、悶えさせてくれるのは彼である!カッコ良すぎる&初々しい、寸止めっぷりが美しく…時にもどかしく…脳内では妄想しつつ自制する…(*´Д`)…はぁ…何度床をバンバンさせる気なのか、この男気全開の彼は!
ゲームをプレイする前にコズミックランナーは、もう十二分すぎる位聴いたり、(musicで)プレイしてて 「マッチさんみたいな曲…」とか昭和テイスト溢れてるなーとか思ってたんだけど、シナリオと絡めた歌だったんですね。納得。
シナリオ的には、身体を完全に治して(この辺リピのアフターと被ってるな)、彼女のミスをカバーすべく無理して某TVのランナーへという流れなんだけど、某TVはあんまり好きじゃないので置いといて、要所要所で翔ちゃんが彼女や周りに優しくて、何事も自分より他者優先だったり、可愛いヤキモチを焼いたり、ホンノリだけど弱い部分を見せたり、変に妄想して慌てたりする姿とかがご馳走でした。もー!大好きだ!
しかし友情ENDはアレだね、下野さんも言ってたけど、 ヒロインよりトキヤ?みたいな。(BLっぽい…よね。スチル。)





月宮 林檎(つきみや りんご)
女装モードの方がドキドキ/意外とS/Aクラスの先生っぽいわ

可愛いけど、女装モードで低い声出されると、変にドキっとさせられる林檎ちゃん。
このルートは、Aクラスのメンバーと林檎ちゃんの熱さに私は吃驚したよ…。デビューがポシャっても、首になってもハルちゃんを作曲家へと導こうとする…なんて…なんて熱い奴らなんだ!!!。゚(゚´Д`゚)゚。(まんまと感動させられた!)
恋愛過程も悪くないんだけど、1ヶ月が短すぎるなーってそこだけが惜しまれますな。3ヶ月は欲しかったのが正直な所。でも楽しかった。そして意外とSっぽく責めて来るのが…いいよね。うん。(しかし林檎ちゃんも外なんだろうか…という描写が…うーむ…まあ溢れる熱情がね、あるんだろうね。)
個人的に、男版立ち絵<<<女装立ち絵(ドキドキ度)。髪をカットしてるけどヅラで大丈夫なのかな、と、一瞬思いましたがあの世界なら問題ないと直ぐ思い直しました。




日向 龍也(ひゅうが りゅうや)
なんというオフィス・ラブ/妙にエロい/普通の台詞もやらしい/教えて先生…

「AAとSS含めて、今回の1番のエロボイスはやっぱレン様かな。流石。」…などと思っていた私はぶん殴られました…。翔ちゃんの大人バージョンかなとか思ってすみませんでした(涙)。
あ、あんな上司おるかあああ(゚Д゚;)!!!と、思いながらもニヤニヤしてしまう展開。大人の上司との社内恋愛っぷり…。何故か最初からエロい。性的な台詞じゃないのに、いちいちフェロモンを感じるという恐ろしさ。リューヤさんがアイドルっていうのが信じられないくらい、良い上司で良い教師。先生と生徒、上司と部下を装いながら溢れるエロス。
そして大恋愛ラストは、本気の…本気すぎるエロティシズムがそこに。一応寸止めなんですよ?なのにその他の王子のアレコレが子どもに見える程の、アダルトさ。(恋愛エンドも恐ろしく性的) R18も良い所な本気の吐息・台詞・リップ音…もう、勘弁してください、、、と中の人に言いたかった程…。
あ、シナリオのこと全然触れてない/(^o^)\ ベタな教え子と教師モノだよ!(酷い説明)!あ、でも戦闘シーンは本人たちは真面目なんだろうけどお笑いでしかなかったね!うん!それでこその「うたプリ」ワールドである。
(でもさ、「春輝」は女で良かったんじゃない?乙女ゲーにおける「過去の女」ってタブーなんですかね?書き方次第だと思うのだけれども。だってリューヤさんの態度とか2人の関係を見てると、ホモくさくなるんだけど逆に…。その点だけが残念であるよ)



 

本編感想メモ(うっすらネタバレ)

Aクラス(一十木 音也/聖川 真斗/四ノ宮 那月) 
Sクラス(一ノ瀬 トキヤ/神宮寺 レン/来栖 翔)
隠しキャラ+総評など


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks