--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Debut:御曹司組

09:19

うたの☆プリンスさまっ♪Debut:聖川真斗/神宮寺レン
うたの☆プリンスさまっ♪Debut 聖川真斗(CV.鈴村健一) うたの☆プリンスさまっ♪Debut 神宮寺レン(CV.諏訪部順一)
続きましては、うたプリ・坊ちゃま組のルート雑感など。
今回は、ROT組程の暗さは無かったのが救い。うたプリに求めていたものをそれなりに出してくれて、ボタン連打も少なくて嬉しかったヽ(・∀・ )ノ 特にレン様√は安定してて、『そうよ!こういう話が見たかったのよ(゚∀゚)!!』と思わせてくれました。(…まぁ様は、相変わらずというか、ちょっと胸焼け気味だったけどね。 )
両ルートのテーマ?は坊ちゃま達よ!熱くなれ!でしょうか?

では、以下ネタバレありまくり。閲覧注意で。


 聖川 真斗(ひじりかわ まさと)
前半:黒崎教の狂信者 後半:またまたお家騒動(食傷気味)

前半(4-6月)は、偉大な先輩である貧乏っちゃま、ランちゃんに心酔するまぁ様の物語…(;^ω^)
正直、ランちゃんはお口がとっても悪いし、態度もチンピラでドイヒーだし、ドスは効き過ぎてるし、顔色悪すぎで、個人的にすっっっごく嫌だったんだけど(Mっ気無いので苦手なタイプ)、最終的には『なめてんのか?(;゚Д゚)』に共感する始末…だって、ウザい程の先輩への賛美をお届けして、彼女にも切々とその素晴らしさをウットリと語るんだもんな!
1番吃驚したのは「先輩には信頼して頂きたいから交際の事実を打ち明けたい…(キリッ」と言ってきたこと…”ちょwwwちょっと意味が分かりませんごめんwww(;・∀・)”って動揺させられました。(レン様の言うとおり秘めてて良いじゃん。動物的勘が鋭いランちゃんは気が付いたり酷かったら指摘するって。)
その後「交際してますが絶対真面目にやりますっっっ…!」って言いながら、先輩に認めてもらったらすぐに祭でイチャってて、まさに『なめてんのか?』とwwwいや、良いけどさwwwっ

そして後半(7月-9月)は、リピ→FD→Debut3回に渡って続くお家問題勃発。もうおなかいっぱい。
卒業オーディションで父親を唸らせ、FDでは親族にも認めさせてるんですよね…?もういい加減色々覚悟しとけよ、と。聖川財閥もまぁ様以外の跡継ぎを考えておいてもおかしくないのでは。毎回家のことがある度に「やっぱり別れるほうが…」→「しかし俺には愛が必要だ!」ってなる流れは如何なものか。そりゃ坊ちゃんの余技と思われても仕方ないじゃないか。
恋愛ENDでは、他の人に自分の生き方を求めていたけれど、誰の意思でもなく、自分が望んだから歌を選びたい、歌いたい、という熱い部分が目覚めて歌の道へ戻るんだけども、( ´_ゝ`)フーン、って感慨もなく終了してしまいました。可もなく不可もなくな感じだわ。 (余談だけど、CVの鈴村さんが考えたストーリー、「歌仙人の元で修行」の方がいいよwwぶっ飛んでてww)
友情ENDは、レン様のサポートが光ってて、先輩ENDはああうっとおしい…と思いながら慕ってくる後輩を邪険に出来ないランちゃんとボンボンズの生活。楽しいね。(これが1番好きだったかもしれない…。だって後半は胸焼け気味だったんだもの…。)


神宮寺 レン(じんぐうじ れん)
前半:本気になったレン様 後半:恋に翻弄されるレン様

レン様の物語は、全体を通して、キーワードは「初恋」ですよねー。こういうのを期待していたんだ!!と思わせるストーリー展開に非常に満足。ああ良かった…真ん中にレン持ってきて良かった…( ;∀;) 。

前半(4-6月)は、またもや「態度は狂犬」な先輩に認めてもらいたくて頑張るという、まぁ様と似た流れではあるけれども、まぁ様程の狂信者っぷりはないし、ハルちゃんとの初めての本気の恋にモジモジしたり、初心だったりしつつ、愛を育みながら、その中で自分自信の本気を覚醒させる、というのが宜しかった!
恋に対しては、非常に可愛らしくも初々しいレンが幸せそうで嬉しかったし、今まで自分の力を的確に把握していたから、無理そうなことは回避して居た自分を指摘されて、限界まで熱くなる姿もまた素敵。(ノンスタントは無茶が過ぎるけれど、うたプリの世界なら普通なので問題なしだよ!)

後半(7-9月)は、恋の戸惑い。元彼女の登場で揺れる2人の関係、そしてデビュー。ベタではあるけれども、これまた良い…。今までの事があるから信じてもらえなくても仕方ない、自業自得だけど、それでも主人公が大切だからこれからを見て欲しいと頑張るレン様。余裕が無くなってしまう位に、主人公を愛しているという必死さと本気さが伝わってもう…!今までのプレイボーイ、ジェントルでスマートな姿は無いけれども、恋愛ってそういうもんだよね!!そして主人公も信じたいけど、自分に自信が無い、信じきれない自分が不甲斐ない、という葛藤…もーーー!!青春だね!ヽ(*´∀`)ノ
「過去の女」というのは、乙女ゲー的に地雷なんでしょうけど(個人的にはどうでも良いんですけどね。最萌じゃないからなのかな。ここら辺分からん)セイラさんは男前な女性で、あまりにも清々しいその姿に、ボイン共々惚れそうになった。 (しかし、この世界の芸能人って自分で何でも出来る人ばっかだね!すげー)
最後は「うたプリ」らしく愛を歌に込めて届けるわけだけど、末永くお幸せに、良かったね!と思える結びでございました。

このルートは、まぁ様にしてもランちゃんにしても、さり気ないアドバイスや気配りが良い。過剰すぎないのが好感度高い。友情ENDは印象薄いし、先輩ENDは、料理番組で負けて一晩帰らないってそりゃ怒られるわーと思いましたけど、恋愛ENDが良かったので良いです。ありがとうレン様!恋に浮かれて、prrrrrr...........ヒャッハー!ヽ( ゚∀゚)ノってソロ曲歌う気持ちも分かるよ!


その他メモ
・ランちゃん、全然愛せないかと思ったけど今は好きですよ。割と。実はさり気なく人を見てるし、フォローするし。ただ態度とクチが悪すぎてかなり損してるから変えた方が良かったのでは…。
・しかし何でもロックな彼を見ていると内田裕也さんを思い出す。
・あとやっぱ色白すぎです。
・やっぱハルちゃん居ない方が、デビュー早いという仕様だよね…坊ちゃま組はそこまで苦労してないけど。困ったもんだ。
・まぁ様って結局、大御所に何をしたんだろ。



うたの☆プリンスさまっRepeat (うっすらネタバレ)

Aクラス(一十木 音也/聖川 真斗/四ノ宮 那月) 
Sクラス(一ノ瀬 トキヤ/神宮寺 レン/来栖 翔)
隠しキャラ+総評など


うたの☆プリンスさまっ その他 (うっすらネタバレ)

Amazing Aria(一十木 音也/聖川 真斗/四ノ宮 那月/愛島 セシル/早乙女 光男) 
Sweet Serenade(一ノ瀬 トキヤ/神宮寺 レン/来栖 翔/月宮 林檎/日向 龍也)
Music感想など


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。