--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Debut:クラシック組

15:12

うたの☆プリンスさまっ♪Debut:四ノ宮那月/来栖翔
うたの☆プリンスさまっ♪Debut  四ノ宮那月(CV.谷山紀章) うたの☆プリンスさまっ♪Debut 来栖翔(CV.下野紘)
…疲れた。そして泣いた。 そんなクラシック組…。
こんなにしんどいとは思わなかった。今までのルートも暗くて鬱な展開が多かったんだけど、この2人のルートは疲労度MAXでした。私にとっての地雷が、ふんだんに盛り込まれてて(特になっちゃん√)、物凄い怒りが湧いたもんな…。翔ちゃんは二次元キャラの中で、かなり愛していたので本当に、残念。

では、以下ネタバレの書き散らしメモ。閲覧注意で…。(良いこと書いてないからダメな人は回避してね)


四ノ宮 那月(しのみや なつき)
前半・後半:これ誰のルート?(なっちゃん多々不在)

これ、誰のルートなんですかね?(ヽ´ω`)? もう、これに尽きる。
前評判は聞いていました。でもね、私はBL的な香りがしても、先輩ばっかり出ていても、ラブラブしてなくても、面白ければ良いんですよ。面白ければ。でも、ぜんっぜん面白くない。面白くないどころかしんどい。
唯一面白かったシーンは、なっちゃんとハルちゃんがイチャこいてるのを、出歯亀したレン様(正確にはデバガメは御曹司3人)が、ドアバーーーン!→「呼んだかい?(。+・`ω・´)」の、流れくらい?
あんな感じの流れならウェルカム!!なんだけど、そこくらいで、他はやたらしんどい。

前半(4-6月)は、 後半に比べればまだマシで、 偉大なる(笑)あいちゃん先輩からのダメ出しに耐えて、頑張るなっちゃん。先輩の口調やら、やたら盛られた設定に若干モヤモヤしつつも、話としては、まあ悪くないかと進められた。(ただ、メインは先輩でしかないのだけれど…)ホント、なっちゃんが、リピ→AAからの流れを汲んで大人になったな…と感じられるのが嬉しかったよ。(2人きりのときは性的ですけどね!)

しかし問題は前半終了間際から後半(7月-9月)。 先輩が△△だという秘密を知ってしまって必要以上に挙動不審になる主人公の姿に腹立たしさを覚えずには居られない。 まるで浮気相手と一緒にいるかのような態度…。今までのうたプリなら△△程度の設定、「それってすごいですね!」で、終了なのに、キョドキョドされ、なっちゃんと目も合わせない、一緒に居られない、返事もそっけない、なのに先輩に対する返答はラブっておる、ときめいたりしている…ヽ(#゚Д゚)ノ┌┛☆Д゚)・;'
本気で怒りが沸いた。私には地雷すぎた。主人公が憎くなった…(辛)

社長にも本気で腹が立つ。翔ちゃん√と共通して言えるけど、そんなに大事な△△ならば何故新人に任せたのか? それでいて秘密をばらせばクビだの消すだの…理不尽この上ない。理不尽・ゴリ押し・シャイニーの無茶ぶりはうたプリのお家芸だと思うけれど、今回は変にリアルなシリアスさを持ってきているからそれが浮く。
先輩と主人公の無神経な【なっちゃん追い詰め作戦】で「信じてる」「大丈夫」と、自分に言い聞かせていたなっちゃんの精神も崩壊。(そりゃ逃げるわ…)
攻略対象不在のまま話は進み、続く先輩age、数々のトラウマ、自分の精神の弱さをどう解決するのかなと思ったら、案の定、さらっとテキストで説明して、克服しました!最後は2人の愛の歌で解決☆みたいな…(遠い目)。恋愛ENDは、エロく纏めりゃファンは満足なんだろ?っていうサービス(笑)満載( ´_ゝ`)…はいはい有難う。

友情ENDも、本人不在のニア浮気&鬱展開の後でさらに、「翔ちゃんが翔ちゃんが」「人と競うのが嫌なんです…」的な流れでゲッソリ。それはAAで克服したやん…もうヤダ。疲れた。
先輩ENDは、後半のニア浮気展開がなかった分、マシという結果に。…でもこれ誰のルートなの?先輩との友情・絆とかこのルートに必要…?や、もう良いけどね何でも。



来栖 翔(くるす しょう)
前半:華麗なるダメ出し劇場 後半:追いつめられて性格改悪

翔ちゃん…大好きな翔ちゃんが…orz
もう上手く纏める気力も無いので、感想箇条書き…。とにかく辛かった。哀しかった。

icon_64_r04.gif設定として、ダンスが下手とかバク転がなかなか出来ないとか無理がありすぎ。(歌が下手は分かるけど(失礼。私は翔ちゃんの歌は物凄く好きです。心底。)、声量が無いもどうなの?と思う。) 
平凡で華が無いとかもちょっとおかしい。リューヤさん、アイツは光るものがあるって言ってなかったっけ?

icon_64_r04.gifヒロイン、疫病神。
元々、翔ちゃんのルートでは、守られ系のハルちゃんだけど、今回余りに酷い。シナリオが暗くなければ、流せたかもしれないけれど鬱展開が多いから流せない。 

icon_64_r04.gifってか島流しってなに?wwwwwハネムーン?wwww ここでちょっと糖分補給して下さいってこと?www お気遣いどうも…(゜д゜)。前作までのノリで作られていたらきっと可愛い2人、素敵な翔ちゃんにときめくスチルと台詞だったんだろうけどね。今回はただのエサにしか思えなかった。あと、「あの時間って貴重だったね」とか、最後は振り返ってるけどそんな大層なエピソードか?

icon_64_r04.gif今まで男気溢れる彼も、追い詰められたら暗くなるんだよ!鬱になるんだよ!デビューするのは甘くないからね! でもそれは、2人の愛の力があれば乗り越えていける☆大丈夫!!!ってことを表現したかったのか?
出来てないよ。ぜんっぜん ( ゚д゚)とって付けだよ。ヒロインなんて居ない方が万事上手くいくよ。

icon_64_r04.gif結局最後はトントンと上手くいって、愛の歌で終了っつー強引な力押しで収束。
それもいつものパターンではあるけど、中途半端にシリアスを入れたもんだから、ぶっ飛び設定も浮く。今まで流してた、魅力とも言えた粗も気になる。 ハルちゃんの持ち味である純情な部分だったり、守られキャラ的存在だったところさえも、イライラするようになる。 (守られキャラは翔ちゃんルートで顕著なだけだけど。他はもっとしっかりしてると思う) 果ては甘やかす翔ちゃんにまでイラっとくる始末。もーどうなのよこれ…。

icon_64_r04.gifトキヤさん√の感想にも書いたけれど、人間強いばっかりじゃない。完璧に見てても、強い人でも弱い部分があって弱気になる時もある。それは分かってるんですよ。でもそれを(少なくとも私は)、うたプリに求めてなかった。
描いても良いけど、だったらもっとちゃんとしたシナリオにしてくれたらと思う。

icon_64_r04.gif他ENDはもう覚えてません…先輩ENDのほうが短くて良かったなと思うくらい…。相変わらず誰のためのルートかと(ry


その他メモ
・AIちゃん(もうこれでいい)、嫌いではないし、設定も悪くないけど、公式の見せ方が最悪だったと思う。小出しにして次のゲームで使えばよかった設定を、2人のルートに持ってきて、結果的に2人が好きなファンを蔑ろにすることになってしまってAIちゃんの印象も悪くなる誰得展開。
・春歌さん、このルートの印象は好きじゃないどころか大嫌いであった。
・どの先輩もそうだけど、彼らの偉大さを「凄い!」「やっぱり圧倒される」「本当に素敵」とかで語られても薄っぺらくて伝わらない。ユニットソングCDのドラマは面白かったのにねえ。



うたの☆プリンスさまっRepeat (うっすらネタバレ)


Aクラス(一十木 音也/聖川 真斗/四ノ宮 那月) 
Sクラス(一ノ瀬 トキヤ/神宮寺 レン/来栖 翔)
隠しキャラ+総評など


うたの☆プリンスさまっ その他 (うっすらネタバレ)

Amazing Aria(一十木 音也/聖川 真斗/四ノ宮 那月/愛島 セシル/早乙女 光男) 
Sweet Serenade(一ノ瀬 トキヤ/神宮寺 レン/来栖 翔/月宮 林檎/日向 龍也)
Music感想など



コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。