GHP:柾木 真之介

14:23

Glass Heart Princess:柾木 真之介
 
グラスハートプリンセスのキャラ・ルート雑感メモ。
4人目は、ヘタレと専らのうわさの真ちゃん。真之介さんはね…他の人のルートを巡るたびに、強いんだかそうでないんだか、スゴイんだかスゴくないんだか…よく分からなくなりました。好きだけどね真ちゃん…(笑)。
とりあえず、お嬢様が全て!愛すべき有能かつダメっこ執事、ということで。
以下、ネタバレ含む書き散らし。ノーマルエンド感想、及び諸々の画像も貼り付けているので、閲覧注意。
柾木 真之介(ボディーガード兼執事)
(実は彼のこと人外だと思ってました。木の精霊とかそっち系の。昔、お嬢様に助けられてその恩返しとかかと。全然違ったわ…)
もうホントに有能なのかダメダメなのか分からない人。他ルートでも役に立ったかと思えばやらかしたり、そしてまたシャキッと有能だったり…とにかく「お嬢様」が全ての人。そうまでなるのは、昔京子に出会って執事として選ばれて、全てが変わった、という他のキャラにはない大きな繋がりがあるからなんだよね。そんな彼のシナリオは、【2人の目覚め】が軸でありました。 執事の目覚めが相当遅かったけどね!

ルートの入り方には多分賛否あると思う。私も非常に辛かった。(というかイヤだった)
他の3人とも大好きだし、股がけが苦手だし、何よりもう一方を袖にする展開が嫌だったのです(´・ω・`)
強制的に選ばされる場合はまた違う流れになるなら良かったんだよなー。例えば「友達」として仲を深めていく、とかさ。普通に同じデートで、喜ぶ方を選ばなければならないし…そうしないと心臓が鍛えられないから致し方ないのかもしれないけれど、それを全部真ちゃんとやれたらなー。
そこだけが不満。


まあ真ちゃんの場合、京子と同じように【目覚め】が必要だというのも有るからね。「お嬢様の傍に居る」ということが大前提。恋に目覚めなきゃそれはそれで、門治と同じような心境でいたと思う。(ユッキーが相手だと歯軋りして泣いてるかもだけど)
だたし、目覚めたとしたらそれは相手がお嬢様じゃないとダメ、あらゆる意味で彼女じゃないとムリムリコース
恋心と主従があいまいだから、特訓するうちにお互い壁を越えて…、他の男が現れないと目覚められない、ってなるから二股も止む無し、で入り方が特異になるかしら…うーん…。

とにかく彼のやることは、良くも悪くも極端で、すごいんだけどツメが甘いというかね…そこが愛され執事のポイントなんだけど(好きですけど私も)
どうあってもお嬢様だけは救いたい一身で黒江に付いて裏切るも、騙されてるし…( ^ω^)プフゥ やっとやっとの後半で恋心に気が付いて(しかも皐月さんのおかげ…)エンディング間近で王子様(笑)になる訳ですが…あんなに黒江のこと追い詰められる手段と人脈持ってんなら先に使えよm9(^Д^) と思ったり思わなかったり。

でもま、ダメな王子様(笑)は雑用係に格下げしましたけれど、2人は幸せになりましたとさ!チャンチャン!とな!( ^∀^)ゲラゲラ
色々酷い感じで書きなぐってますけど、嫌なシナリオじゃないし、割と好きでしたよ!真ちゃんのことも!
なんていうか、ユッキーも先生も彼方も彼女じゃなきゃダメとかそういうのはないけれど、真ちゃんは彼女じゃないとダメ!っていうのがある。(あ、京子さんは彼じゃなきゃダメってことはないけど( ´,_ゝ`) 見事な女だから彼女) 

しかしこのルートは女性の男前っぷりが光る光る…。
皐月さんは勿論のこと、ノーマルエンドのお嬢様がまた男前なんだわ…
とある場所に真ちゃんらしき人を見つけたことを皐月さんから告げられ、探しに行きますか?と問われるも「いいえ、【捕まえに】行くわ」という力強さ…。しびれるぅ…(*´Д`) 私、本当は、真ちゃんが王子様じゃなくて京子さんが王子様なんじゃないかと思うわけで…ハハハ。
しっかし住宅街であの王子様コスプレは目立っただろうなあ…

最後に、完っ全に、余談ですがコレはない。この髪型ではあり得ない! (断言)


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks