--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢灯り:明智光秀

14:58

下天の華 夢灯り :明智光秀

【下天の華 夢灯り】、キャラ、ルートの雑感。攻略順にメモ。
八人目は、麗しの兄様。下天の艶担当。今回は色で推して参る!という風でした。ムフフな攻撃にやられた人も多いのでは。私は秀吉派なので割と真顔でしたけど。(兄様は大好きなんだけど好みと違うから…)あと、官兵衛さん好きな人は、兄様の前にやるのは厳しいかもしれない…半兵衛さんも割と厳しかったけど。

以下、多大にネタバレ含む書き散らし。閲覧注意。


明智光秀
私の小鳥は誰にも渡さない。
さーて、『夢灯り』の明智さんは?
*ほたる、兄様の信が欲しい *秘めた部分を暴かれたい? *官兵衛さんが可哀想
…の3本です。んがぐぐ。
さらっと書くとこんな印象。(さらっとしすぎか)。

兄様は相変わらず意地悪な言い方するしからかうし、人をなかなか信用しない人。ストレートに優しい言葉はかけられない(それすらも兄様の魅力)。ほたるは兄様が自分を信用していないこと、信頼されていないことを気にして認めてもらうために、任をこなしてせっせと働く。(でも多分、兄様はほたるのことある程度信用はしていると思うけれどね。前回の働きの実績もあるし。ただそれが見え難いだけで。)健気だねえ。
そこに官兵衛さんの恋心イン!ほたるは思わず兄様に隠しごと。色恋は任務の判断が鈍くなると思った兄様、色香を使って彼女を翻弄。(判断が鈍くなるから云々は半分本気で、残り半分は自分の気に入っている小鳥は渡さない、隠しごとなど許さん…という気持ちが無意識にある筈。多分。)そうやって接触していくうちに、いつしか彼女を本当に信用するようになり手放すのが惜しくなり…と。
正直、どのあたりで本当に彼女のことを好きになり、手放せなくなったかは余り伝わらなかったので、そういう意味では前回の方がじわじわ近づいてくる感はあったと思う。(これは秀吉ルートでも思ったけど。)首謀者炙り出し辺りはさすがの演技派。そしてほたるのことは信用していたから、色々打ち明けてくれてそこは嬉しい。傷の手当ても必死でしてくれたし盛り上がる。

まぁしかし、兄様のお色気攻撃ですよ。どっちがくのいちか!という色を使った押し。ほたるは相当やられて「暴いてしまおうか…」を思い出し過ぎで、ほたちゃんたぶらかされるの巻だなとかぼんやり思った…。あと兄様の信が欲しくて、何をされても良いの、とほたるが捨て鉢になったのを笑われ、弄ぶSっぷり。くそう…。

そしてこのルート最大の可哀想は官兵衛さん…み、見せつけんでもええやん!!(涙)
当て馬じゃないけど、もう、あんな!くそっ…それでも兄様が好きだから仕方ないじゃんくそっ…ってなる(私は兄様より官兵衛さんの方がはるかに好みなのであそこでは官兵衛さんを選びたいけれどほたるが好きなら仕方ないじゃん?くそっ)
兄様の鬼!!(涙)
半兵衛ルートの時も、ずっと疑われて可哀想だなと思っていたけれど、見せつけーの、塩塗り込みーのって感じで兄様ルートがぶっちぎりの官兵衛さん可哀想度。このルートの官兵衛さんには、良い娘を紹介してあげたい…。泣ける…。
(まあほたるが幸せならいいけど…どうしたって横恋慕だからなあ…下天でもっとしっかりした三角関係があったら楽しかったかもしれんけど、官兵衛さんは分が悪すぎるわ。)

最後は、嫁になりなさい私のものになりなさい身も心も…とね。兄様独占欲強し。そして鬼。(しつこい)。

八周目その他
・兄様・下天キャラへの思い:信長→大器のなかの大器 秀吉→会いたくない・煩い 蘭丸→煩い・うっとおしい 家康→おっとり扱いやすい接しやすい・お香などの知識が好ましい 信行→ああいうタイプは嫌い (…秀吉も蘭丸もその働きは認めている風ではあるけれど)
・猿を捕えるために金細工を兄様に頼む際、地蔵になると幸せになれる。
・兄様にお香を焚いてもあまり効かないなあ。ちぇっ。
・耳フェチというか、言葉責めとか好きそうね、兄様。
・官兵衛さんは私が頂きます。


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。