--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Princess Arthur: Galahad

17:09

プリンセスアーサー:ガラハッド
Princess Arthur(プリンセス・アーサー)、キャラ、ルートの雑感。攻略順にメモ。
5人目は、剣舞もできるガラハッド。
ガラハッドはね…ほんっとにね…プレイしながら
「この子めんどくさいwww可愛いwwwでもめんどくさいwww」
って呟いてた。
ちょっと難しくて(ある意味単純で)とっても可愛い子だったw

以下、多大にネタバレ含む書き散らし。閲覧注意で。

Galahad
STORY
見目麗しい容姿に、騎士としての才能、立派な家柄を持つガラハッド。
しかし無感動・無感情(そこまでないけれど)で、何かに興味を持つことのなかった、それこそ自分にも関心がなかった彼がアルという姫王に出会い、違和感を感じ、自分の感情に苛立ち、(アルに)腹を立て、喜び、焦り…そうして自分自身の価値を、自分で手に入れる物語だったと思う。

恋して、明らかに嫉妬したりして、イライラして怒ってるわけなんだけど、自分でも自分の気持ちが把握できなくて、全部むき出しで…この子可愛いやらめんどくさいやら…w
それと同時に思うことなんだけど、アルは、ガラハッドのフォローというか扱いが上手い。すごく感心してしまった。
相手の得意分野で教えを乞い(これ男の人嬉しいよねー)、ムっとされたらとりあえず謝って理由を尋ねて自分の悪いところを正そうとし、(そうすることで向こうも反省する)、できるだけマメに歩み寄ろうとする…なんて偉いの…(私はめんどくさくって無理だわーたいへんだわーと笑いながら見てました。)全体的に可愛いし、とても繊細で優しいところのある男の子なんだけれど、いかんせん手がかかり過ぎる…全くもって男の子であった。アル様ってば女神。

聖杯としての役割…『虚無の器』という、感情を必要としなかったガラハッドが、愛を知って自分の力で価値を見出した、というのはとても好きです。何かを勝ち取るというのは気持ちが良い。
アルが悲しむからモルゴース様を手にかけない、というのは甘いしダメなのかもしれないけれど、今までのガラハッドではなかった行動ってことで。

CHARACTER
もうストーリーのところに書き尽くした感があるけど、恋愛が絡むとめんどくさ可愛いwでも成長したらもっと落ち着くだろう。(エンディング後のエピソードの時は余裕があったし)悪気なくさらっと本当のこととかズバリ言っちゃって、「あ……(しまった…)」って顔をよくしてるし、優しいところもある。個人的にはちょっと照れてるときの顔が幼くて好きです。(性格じゃない)
それから円卓の騎士の中では1番病み気質かもしれない。それも成長途上というか、感情を育てる途中だからかもしれないけれど。

VOICE
ツンデレ駄々っ子年下ヴォイス。ナイスキャスティング。(私の中では岡本さんの声は今のところこのタイプで固定されてるなー(雅様のインパクトたるや…)


20101126094523.gif 20101126094523.gif 20101126094523.gif

ガラハッドに対しては、私はあまり気持ちが向かわない(好きだけど弟みたいな気持ちにしかならないという…)ので、アルとのやり取りが楽しくて、終始微笑ましく見ていた感じ。フロリアスで、お目当ての指輪が出したかったけどでなくてぐぬぬ…ってなっているのとか、ケーキ丸ごと手に入れて大事そうに抱えて帰るところとか、想像できて可愛かった。

プリアサは恋愛感情とかの表現が、素敵なので(というか私の好みなのかな)、今回もいくつかメモしていたけれど、

・頬が、耳朶が、首筋が、額が、体全部が発熱しているような感じだった。
--

・それから私たちは、にぎやかに騒ぐみんなの狭間で、いったい何度そんな風に視線を交わしたろう。
一度や二度ではない。
それこそ数えるのを止めるくらい、私達は何度もそんな風にお互いを見た

とかが、好きかな。特に1つ目なんて、2回もスクショ取ってたという…(1回目は普通の時で2回目はBAD回収の時に…)
広間で目を合わせて2人だけの世界というのも、息苦しくも幸せというか高揚感があってなかなか。

あと、恋愛云々じゃないけれど

何か言ったわけではないのに、
本当に不思議なタイミングで私たちのお互いの手が動いて、触れた。
そのまましっかりと手を繋ぐ。

これ好きです。何かの始まりというか絆が生まれた気がして。スチルも何故か力強い感じがした。

20101126094523.gif 20101126094523.gif 20101126094523.gif

円卓の騎士を6人攻略したけれど、
それぞれの愛の形というか、愛の傾向?が分かって面白かった。
ランスロットとガウェインは、アルへの愛>自分への愛 (アルを愛してる・守りたい)
モードレッドとガラハッドは、アルへの愛<自分への愛(アルに愛されたい・愛が欲しい)
…かな。私は前者の方がタイプ。
トリスタンは、王としての成長を求めてきてそれに応えようとするうちにホロっと…というビターな大人の恋愛ですな。
(さっさと王になれや、話はそれからだ(ペッ)という厳しさ…痺れるぜ。髭だけど。)


5周目その他
・ガラハッドが鮭を気にしているのが可愛かったww あのさ…鮭…ってずっとwww何回もwwww
・彼には花のエピソードがいっぱいあったり、花が特別に凄く好きなのかと思ったけど違った…
・好感度が上がらない選択肢(誘わなかったり、教えを乞わなかったりする選択肢)を選んでも凄く可愛いガラハッド。
・円卓の皆もそっと見守り愛に満ち溢れていたねえ。



コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。