--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三国志の世界へ、いざ。

15:03


三国恋戦記
~オトメの兵法!~(PSP)

ジャンル:恋愛アドベンチャー
発売日:2012年7月26日
CERO:B(12才以上対象)
原画:スズケン
シナリオ: トム、宙地、陣内
公式サイト


一周目、玄徳ルート終わりました。凄く真っ当な乙女ゲームという印象。安心してできるというか。まだ一周目だから断定はできないけれど、しみじみ恋愛ゲームしてるって感じ。「死神と少女」、「プリンセスアーサー」も大好きなんだけれど、(本当に好きで好きで関連商品は欲しいし、Vita版出してくれってどちらの会社にも要望出したくらいだ)、だけど胸にグッと来過ぎて抉られてしまったり、死神に至っては恋愛どころじゃないよこれという…(あ、スタスカ春もやったけれど逆ハーだったからさ)…話が反れた。それに比べるとストレートに恋愛を楽しめているということです。さらっと書いてるけど、玄兄に割と萌えて惚れたからね。私!(詳細は個別感想で。…しかしどうやって感想纏めようか、攻略順はどうするか、目下悩み中)

事前に知っておいたら便利かもしれないメモ。

・主人公は、真っ直ぐで癖はない。恋愛面には臆病、かも?(ルートによるかも)
・三国志知らなくても大丈夫。用語辞典あり。(読まなくても多分そんなに問題はない)
・主人公のデフォ名呼びなし
 (その他、システム関係などは公式ページに。快適です)
・雲長、孔明はあとの方が良い


以下、第一印象メモ。ほんのりネタバレなので閲覧注意ください。


攻略キャラ第一印象


玄徳
皆の兄ちゃん。もうルートが終わってしまったので第一印象どころではないけれど、とにかく良い人。良い兄ちゃん。惚れるわ。惚れないわけないだろ、全く!!ビジュアルも含めて大好きだこの野郎。兄ちゃんキャラで1番好きかも。

雲長
「厳しい」と説明されているけれど、何だかんだ優しい男だと思うし、玄兄と同じくらい気になっていた。(が、一周目はやめておいた方が良いということで回避した)サラサラヘアー。横顔の立ち絵が別人のようでちょっと気になる。

翼徳
大型犬。可愛いねえ可愛いねえ。玄兄ルートの後日談?を見て「もう玄兄と私(花)の息子になりなさい」と思った次第。結構好きなタイプではあるけれど、まだ可愛い止まりでござる。グッと男らしい一面や大人な面が見えたら私得。

子龍
真面目そうな子。まだよく分からないけれど。玄兄の事を本当に慕ってますね。石田ボイスって素晴らしい。(感想?)

孟徳
飄々系胡散臭い男。チャラいけど多分この手の男は厄介。森川さんがやるキャラは大体そういう男(決めつけ)。それでも好きになってしまう時があるから厄介。最萌にはならないだろうけどね!(多分)

文若
眉間の皺の人。声が良いよね。(石田三成効果である。)堅物が「自分だけに」うっかりデレた時が今から楽しみで楽しみでニヤニヤ待機。関係ないけれど元譲は攻略できないの?髭でおっさんはダメなのか乙女的に…

仲謀
「ごまちゃんは仲謀好きそう」と言われた人。今のところまだ分からないけれど、1番最初の好みのタイプを聞かれたときに好感度が上がったのは彼であった。森久保ボイスキャラで秀吉越えなるか。(相当高いハードル)立ち絵のとあるポーズがオネエっぽくないですか…?

公瑾
胡散臭い男その2。有無を言わさぬ諏訪部ボイス。微笑みが怖い。閉じた目も怖い。腹黒の香り。1番好みから遠くにいる気がしている。何もしてないのに好感度が鰻上りだったのも怖い。

孔明
可愛い顔だけど意外と低い声だった。キレ者っぽい。さり気に花ちゃんをフォローしてそうだな。ルートが楽しみだけれど最後に回す。




コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。