--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋戦記:孫仲謀

22:28

三国恋戦記 :仲謀
三国恋戦記~オトメの兵法!~
【三国恋戦記~オトメの兵法!~】、キャラ、ルートの雑感。攻略順にメモ。
二人目は、孫家当主・仲謀。そんな彼との恋模様は…青春!真っ盛り!であった。まだまだ発展途上。一緒に成長していける、可愛さとカッコ良さを併せ持った、先が楽しみな子である。孫家は尚香とか大小がいて賑やかで楽しいのも魅力!

以下、多大にネタバレ含む書き散らし。閲覧注意。


孫仲謀
三国恋戦記~オトメの兵法!~父、兄を亡くして若くして孫家の当主になった仲謀。
俺様だけれども、自分の力不足や未熟さを自覚しつつ、自分の家や臣下たちを守りたいと思い、自分の非は謝ることができる…そんな男子。上に立つものとしての器を感じる人。花とは口喧嘩しつつ、なんて無礼な女だ!ムカつく…と思いながら気になるという青春真っ盛りな感じ。
まだまだ青い部分も併せ持ちながら、花との出会いを経て成長していき、ぶつかりながら、父親や兄が作ろうとしていた形とは別の自分らしい未来を作っていこうとする…そんなルート。俺様というよりも、思春期のソレだ。可愛いやつめ。

過去に飛ばされたことで、距離が近づくものの、2人ともなかなか素直になれない。「本の力さえあれば私は要らないんだよね」と思い悩む花と、”好きだからなんとか傍に居させたい”とする仲謀の上手くいかないやり取り…あんたたち、もうちょっと言葉を省かず話そうか!!とまたじれじれ…!思春期ならではの「素直になれなくて」感がナイス。(こういう分かり易いすれ違いは好きさ。玄兄の時も言ってるけど)大喬・小喬、そして妹の尚香がわちゃわちゃと後押ししてくれるのもまた微笑ましい。敵は小姑(公瑾)だけ

両想いになってからも、玄徳軍と争わず並び立つ未来にしたいと願い、色々奔走する花の姿を見て「この後どうなるの?」と先が気になる気になる。尚香との玄兄の婚姻で入れ替わりで仲謀とすれ違ったり、犠牲の少ない未来になって欲しいと仲謀の傍に居ることよりも先を見据えながら(尚香の意思を汲み取りながら)、玄徳軍へ戻り、その後ずっと会えなくて船でババーンと押し寄せてきて、これは対立する未来か…と思いきや、同盟を選んて仲謀が迎えに来て、そして「どうするかはお前が選べ!」と花に現代に帰るか残るか選ばせる…色々とでっかくて跡取り(当主)らしいというか若さあふれる威風堂々というか。仲謀のキャラを表すようなエンディングでした。仲謀は両想いになってからは、多分一緒に悩んでくれるし、ぶつかっても話し合うことで二人の仲はますます深くなるだろうなーと想像できる。いいねぇ。

後日談のエピソード(…嫁姑ネタが好きじゃないので大丈夫かビクビクしてたけれど、いいお母さんで何より…)でも、覚悟が必要なのは分かるけれど、単なる高校生で初恋からいきなり結婚へ…ってなると怖気づくのもよく分かる。で、その事を言えなくてぶつかっちゃうんだけれど、ちゃんと俺には話せ!俺を頼れ!って言ってくれるところがまたカッコいいじゃないか…男になりやがって…と胸熱。

…しかし仲謀が本当の意味で男になれるのはいつかなのか!?彼の本懐はいつ遂げられるのか!?我慢の限界はどうなるのか!FDで叶ってると良いね!(でもCEROがDくらいじゃないとダメか…)幸せにおなり!!


二周目その他
・大小可愛い!でもいくつなん…?公瑾と仲謀の兄の婚約者なんでしょ…不思議だな。
・仲謀は人気があるのが分かるなあ。周りの人気はほぼ仲謀。私も好きだ。(でも秀吉は越えられなかった…
・本の表紙の色が変わるのはなんでだろ。これも後々分かるのかな。
・手を繋いで元の時代に戻るのが良かったね。
・玄兄との偽りの結婚のシーンが嬉しかった自分がちょっと…(だってカッコいいんだもん玄徳さん…妻になりたい)
・仲謀ルートはちょっとまたじっくりやりたいです。前より好きになりそう。


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。