恋戦記:周公瑾

12:48

三国恋戦記 :公瑾
三国恋戦記~オトメの兵法!~
【三国恋戦記~オトメの兵法!~】、キャラ、ルートの雑感。攻略順にメモ。
三人目は、敬語で腹黒で気持ちの読めない、目を閉じているんだか開いているんだか…の公瑾。
公瑾
胡散臭い男その2。有無を言わさぬ諏訪部ボイス。微笑みが怖い。閉じた目も怖い。腹黒の香り。1番好みから遠くにいる気がしている。何もしてないのに好感度が鰻上りだったのも怖い。
私、第一印象でこんな風に書いて、これは変わらないだろうと思ってた…思ってたのに…確かに好みじゃないのに……!!!

以下、多大にネタバレ含む書き散らし。閲覧注意。


周公瑾
三国恋戦記~オトメの兵法!~何時も微笑みを絶やさず、心の内が見えない公瑾の内面に迫り、救うルート。
孫家の為ならどんな手を使っても、どんな策を講じても構わないという信念の背景にあったのは、親友(仲謀の兄・伯符)の死の間際に自分が傍に居れなかった後悔。信念を守るための非情さと心の壁は、花との交わりで少しずつ溶かされていく。

花の軍師としての力量を試そうとしたり嫌味を言ったりするけれど、花も負けじと対抗(直接嫌味を言うとかじゃなくて策を出したり、心の中で毒づいたり(笑))。そうこうしているうちに、彼の哀しい琵琶の音色、歌声から彼の中にある蟠りを知り、僅かに見えてくる寂しさや隠された部分に少しずつ惹かれていく。そして親友と同じ真っ直ぐさを持つ花を見て心を乱し、揺り動かされていく公瑾は、もう彼女と距離を取った方が良いと思い始める。
それでも花は、本に書かれた公瑾の死を何とか救いたい、回避したいと(煙たがられながらも)動き、とうとう公瑾の隠されていた本当の気持ちにたどり着き、花の想いで彼は救われる…。

物凄く、良いルートだった…。私、このルート、凄く好き。

公瑾が腹に一物あるし(智謀の持ち主というか…)序盤の花を「これくらいできないと…ハハッ(嘲笑」的イヤミであしらう姿とか、もういっそ清々しいばかりのムカつき具合なんだけど、花も負けていないので楽しくなってくる。公瑾の心はイマイチ見えないし、本を変なことに利用しそうなところもあるから、こちらも信じきれない部分を残ってて、先が見えなくてハラハラして良し。

それでも言葉の端や、声音の変化、息遣いなどから表情が伝わるようで(実際細かく立ち絵も変わるのが素晴らしい)、公瑾への印象も厭味な男から、マイルドなものに。過去を共にして、帰還できたことが嬉しくて無意識に抱き着いてしまう花を、思わず抱き返そうとしてしまうけれど、息を呑んで、躊躇って、手をぐっと戻して「――離れて頂けますか」というシーンの熱さ…。
何より私が堪らなかったのが嫉妬する彼の姿。クールな振りして物凄く分かり易い嫉妬するじゃないですか…
玄徳さんを褒める花の言葉を聴きながら、調弦失敗でボローン…!と…な、なんて分かり易い…可愛い…好き…(あっ

とにかくこのルートは公瑾の株もストップ高だったけど、同じくらい花が好きであった。現代の女子高生としての甘さや弱さは勿論ありつつも、とてもかっこいい。嫌味に対してジト目になりながらもうまく返すし、賢い。矢傷を受けてしまう公瑾を看病しながら、彼を理解して、彼が抱えてるものや孤独に近づきたいと思う姿、公瑾から剣を向けられて”自分(花)を斬ることであなたが救われるなら斬って下さい””あなたが好きだから”という花の男前さが眩しい。好きだ。花!
このルートを始めた時に、弱くて臆病な公瑾を救えて本当に良かった良かった…と、涙する自分を全く想像できなかった。(「ごまさんが好きなキャラはあの人だと思います!」とコメント下さった匿名の方もまさか公瑾を指してはいないだろう…)「見張り兵の人、と恋におちたいな・・」とか思ってたのに。

正直上のバナーを見ると軽くムカつくんですけどね…(笑)! 好みと全然違うし…敬語だし…。好意が全く向けられないときはこの表情のままなんですよね。表面上だけの腹黒微笑み都督フェイス。こっから嫌味な片目つぶり(でも男前。左バナー参照)やら、開眼顔になったりするんだよなー…くっそ…悔しい。カップル萌えでありシチュ萌えも多大にありつつ、自分の中に大きなものを残していった公瑾。隠し子なんてそんなヘマはしないと言いかけた黒さもなかなかだ!周都督!





 …私がここまで自分の好みと違う彼に魅力を感じたのは、声の力が大きかったと思う。
抑揚、語尾、息をのむ声などから、彼の戸惑いや気持ちの変化、好意などが物凄く伝わってきてガンガン感情を揺さぶった。
ルートそのもの(二人の間がどうなるのか、彼の命をどう救うのか、物語の着地点はどうなのか、公瑾の過去や悔恨など)、が良かったのはあるけれど、胸に染み入るような声がなければここまでグッときたかどうか。

これは私が諏訪部さんの声を好ましく思っているのも大きいけれど、今回のタイプ(艶のある優しげな声)は、私が一番好きな諏訪部さんの声のタイプとは違ったのでこれもまた意外だった。(私が好きなのはS.Y.Kの悟空みたいな声)命令を出すときに出るよく通る声や、怒ったり必死になったりする声にもグラグラきた。素晴らしい声を当てて下さってありがとうと最敬礼。


三周目その他
STEP1:うわー腹黒そう…
STEP2:嫌味な男www…くっそムカつくwwwwでもやり合う花!素敵!
・STEP3:あれ…?なんかこいつ…可愛い…かも…
・STEP4:こおおおきいいいいんんんんっ!!!!!
・きっとまた他のルートに入るとムカつくんだろうな…でも早いうちにやって良かったかもしれない。
・花はもう公瑾さんと結婚するが良いよ。幸せ人してやれよ。初恋なのに男前すぎて凄いよアンタ。
・でも結婚するなら玄徳さんかな…。公瑾はデレ状態に入るまで気の短い私がもつまい。(要らん心配)


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks