--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋戦記:???

14:01

三国恋戦記 :???
三国恋戦記~オトメの兵法!~
【三国恋戦記~オトメの兵法!~】、キャラ、ルートの雑感。攻略順にメモ。
四人目は、隠しキャラ。この人は後日談までやってこそかなー。全部終わって良かったねえ良かったねえ…とホロリ。公瑾にも花は必要だけど、この子にも花は必要だ。分裂しなさい。(バナーは無かったし隠しなので代理で元譲さん。この人とも恋愛したかった…)

以下、多大にネタバレ含む書き散らし。閲覧注意。


早安
三国恋戦記~オトメの兵法!~ルートそのものは隠しだけあって、あっさり。
主に仲謀、公瑾ルートで(というか孫家が関わる出来事で)ちらっと遭遇した少年の正体と、彼が花と出会って自分自身に意味を見出す物語

予想していた通り、早安の仕事は、諜報や暗殺など、孫家の明るくない部分が主。(けど仲謀達と顔がそっくりなのは、孫家にとってあまり宜しくないのでは…?今回みたいに身代わりだと有利だけれどさ。まあヘマしたりミスしない優秀な人材ってことなのか。でもホヨヨンとした花には目撃されてる訳だしなあ。花の気配は別世界の人だから読みにくいとかあるのかもね。)
与えられた仕事を粛々とこなし、命令があれば動くだけ。良いも悪いもない。無感情などこか乾燥した日々。それが花の無邪気さによって変わっていく。

そしてもう一つの真実が文台が外でもうけた子ということ。(=仲謀、尚香の腹違いの兄妹。)
仲謀はそのまま光り輝いていて欲しいし、仲謀は仲謀なりの苦労があるし、この時代なら妾が沢山いて正室以外の女性に子を産ませるのは当たり前なのかもしれない。それでも「孫家の影」として生きる彼の事を考えると、扱いの差がなんだか切なくて(仲謀は何も悪くないのに)仲謀を見ると早安のことがチラつくようになってしまった…。(文台側が早安をフォローするエピソードがあるのだろうか。うーん)仲謀は周りに人が居るし地位もあるし、花が居なくても大成できるけれど、彼には何もないから花には早安と居て欲しいとさえ。(…そうなると玄兄も一人で大成できそうなんだけど、私が彼を好きになってるから無問題。というか、普段はそういうタイプが好きなんだ…ルート外でもほっといて大丈夫そうな人が…。なのに公瑾は…)

花が現代の生活を捨ててまで彼についていこうと決意した決定打みたいなものが感じられなかったけれど、彼が自分の居場所と生きる意味を見つけて笑顔になったのが嬉しい。彼は彼女の計算のない無邪気さとかに惚れたんだと推測。

彼自身は静かなるツンデレな部分と(…そんなんじゃねぇよ…的な)、天然でサラッと気持ちを口にするという美味しさを併せ持って、声も可愛く+カッコよくて好きでした。しかも強いし生活力があるから花をしっかり守れるし、王族や主君としての煌びやかさはないけれど、きっと大丈夫。彼も彼女がいることがものすごく救いになったと思うと良かった良かった…と目を細めるしかない。後日談も周りに溶け込んでいて、小さな幸せを大切にしている二人が可愛かった。(そして地味にキスシーンに色気があってなかなかやりおる。)さっさと家族を作ってより仲良くな。


四周目その他
・このルートの公瑾は、まあなかなか最低な感じだけれど、公瑾のエピソードを知ってしまった今、もう私からは強くは言えぬ…なかなか最低だけど。矢傷受けて死んじゃったのかな。ああ…。仕方ないけど…ああ…。死にたがっていたもんね実は…ああ…
・花と想いが通じ合った後は声のトーンが変わるのが可愛い。
・生活力のある男は大好きだから凄くタイプだった。しっかりしてる年下は輝かしい。


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。