--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ざっとすみたり…

19:16

戦国無双4
(PS VITA)
ジャンル:タクティカルアクション
発売日:2014年03月20日
CERO:B(12才以上対象)
公式サイト

運命に、火花散る。
「三国恋戦記」を中断して、乱世を駆け抜けておりました。クロセカが終わったので始めたけれど、まさに駆け抜ける感じでやりだしたら止まらない。一気に「無双演武」終了。面白い…クロセカに慣れているので物足りなさや不満はあるけれど(勿論良い点も多々)楽しんでいます。綺麗だしねVita。戦国無双、三國無双シリーズ共に未プレイで、前作までとの違いは全く分からないからその点は考えずに「無双演武」のざっくり感想。ネタバレはない(たぶん)。クロセカとの比較多めで失礼。DLCの外伝はやってない。そのうち購入予定。(モードについてはこちらを参照

操作はラクラク。
ものっすごく操作楽。びっくりするくらい簡単。アクション苦手でも【難易度:やさしい】なら、戦闘の流れさえ掴めばほとんど問題ないレベルかと。実際、私は急いでやりたかったので、全部の章を【やさしい】でやりましたが、一回も敗走しなかった。クロセカで慣れているのもあるかもしれないけれど、クロセカと比較しても簡単。操作する武将は二人で、ミッションが出されるので、指定の場所に近い方を切り替えてこなしていく…まあ切り替えが面倒であれば一人でもやれるので(相当忙しくなるけれど)お好みで。たまに個人指定のミッションあり。行動指示しておけば、勝手に走って戦っててくれます。有難い。
クロセカと比べて地図が小さいのが本当に心配だったけれど、意外と問題なかった。方向音痴なのでうろうろしやすいけど、隠し通路とか以外は迷うことなし。戦闘もボタン連打でザックザク斬ってくれるしポーズつけて決め技してくれるし痺れるんだなこれが。(アクションはこちら参照。)

すごいワラワラ感
びっくりしたのがワラワラ感。人が湧きまくる。それを神速アクションでズバズバ斬っていく。気持ち良い。クロセカは割と一人一人と戦う感じがしましたけど、こっちはもう、まとめてズバズバ。敵武将とは一対一だけど。『敵を××人倒せ』系のミッションが信じられないほど楽。(クロセカでは物凄く苦労したからね…まああっちは戦技を駆使してなんとかやり遂げる楽しみがあったから良いけど)

シナリオはさらっと。そして物悲しく。
シナリオあっさりめ。戦国時代のザッとした流れが分かる程度かな。クロセカをやってると色々と武将のイベントやらがあるんだけれどその掘り下げはカットしてあって史実の流れメイン。(もしかしたらエピソードは「流浪演武」の方にあるのかも。)
そして、大体切ないような…物悲しい…。まあ戦国時代だから当たり前なんだろうけど。(四国だけは可笑しくて面白かった)各所に散りばめられた別れの物語に胸がギュっとなる。武将たち、特に真田兄弟と、桜を絡めたシナリオ展開はもう…儚く…。

どのシナリオも大体、1回しかやっていないので、武将を変えてまたそのうちやります。色々組み合わせで新たな発見がありそうでたまらん。でもお楽しみの「流浪演武」をちょっとやってからかなー。クロニクル3が出るので2014年の〆は無双ばっかりっぽいです。来年4・2も出るので暫くは無双充だ。

以下、文句も含めた雑記。


その他。

・「◎◎の章 ××の戦い」というタイトルが出る前に、地図が出るけどその部分はクロセカみたいにもっと武将が寄ってくれた方がバーンという感じがしてよい。上半身まるっと入れなくても良かったんだよな。
・あとそこの説明が、クロセカの方が盛り上げ上手っぽい。うまく言えないけど『○○が迫っているのだった…チャララ~(BGM)「××の章○○の戦い」』…この流れがクロセカの方が上手いというの?まあ好みの範囲だけど。
・3の時の方が衣装とか良かった人が多々。清正なんでオールバックにしたん…あとなんだその虎柄の羽織もの!ガラシャもやっぱりボブの方が良い!DLCで配信希望。
・でもグラフィックが美しくて最高。皆カッコイイ!無双奥義で好きなのは、正則、大谷、小十郎、信長様かなー。でも全員ステキ。
・「無双演武」は、織田→武田→中国→九州→関東→四国→上杉→東北→近畿→徳川→天下→真田の順でクリア。


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。