--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FE覚醒~カップルメモ・1

21:41

ファイアーエムブレム 覚醒
(3DS)

ジャンル:ロールプレイングシミュレーション
発売日:2012年04月19日
CERO:B(12才以上対象)
セーブデーター:3
公式サイト

行き倒れの主人公(プレイヤー)がイーリス聖王国の王子クロムと出会い、彼の率いる自警団の軍師として同行。世界の存亡を賭けた戦いに身を投じることに。未来をかけた大きな争乱へと巻き込まれていく…という風なゲーム(ざっくり)。
FEシリーズ初めてですが、何とかやれてます。難易度3種類。それに加えてプレイスタイルとして、仲間が1度でも死んだら復活しない「クラシック」退却扱い(次の戦場で復活)の「カジュアル」あり。慣れるまではやっぱりカジュアルが良いかなと。生と死が隣り合わせのヒリヒリ感とドラマチックな展開を期待するならクラシックかな。(これはプレイ日記が捗りそう)男女いずれかの主人公が選べるのと、キャラ同士の絆が上がれば友情が育めたり、異性同士なら結婚もできるのでそういうの好き(私だ!)ならオススメ。かなりの組み合わせが楽しめる!

システム、職業、動かし方もイマイチ理解しないまま19章まで進めてきました。勿論、ノーマルカジュアル。
その他、FEのキモのシュミレーション部分や戦略的なことはそこそこでも面白い…こんな奴でもできます。公式を見たら9月15日からちょっとお手頃になるみたいだから、乙女ゲー好きの方も手に取り易いかと。(妄想力逞しくね!!)

以下、自分用のカップリングメモ(カップル成立順)。今回のメンバーは何にも考えず割と好感度が上がりましたーみたいな人ら。近くで戦ってたらなんとなくとか、ダブルが多くてとか。(私が仕組みをよく分かってなかったからね…)ネタバレに配慮してないので閲覧注意。

 
クロム×ルフレ
まあ近くにいますし…王道だし?まだ最後までやってないけど運命の相手って感じ。
クロムは王子様だけど、ちっとも気取りがなくて、ちょっと残念なところもあって苦労性だし良いやつなのでとても好き。声も好きだし。二の腕キャラだし(二の腕キャラ例:羽柴秀吉ガウェイン加藤清正他…両腕丸出しより片腕出しがより萌える)。
嫁選択の幅が狭くて、その中でもスミアを公式がチラつかせますが、納得いかず一緒に戦わせなかったよ!(…というかペガサス上手く使えなかったの。最初)ラッキースケベで意識し始める展開は、まあまあ好きです!なんというか決まり切れないところが好きだな。まあもうちょっと色々盛り込んで欲しかったけど。しかしクロムの嫁は誰にしても何となく微妙な気がするし、誰にしても受け入れるようにも思える。不思議な男。ルフレについては、全部終わってからまた改めて。

ロンクー×ソワレ
拳と拳ならぬ、剣と剣で語り合うでカップル。ソワレはサッパリしていて好き(ボクっこ?じゃなかったら更に良かった)なんだけど、それにしたってロンクーの女性克服の件はスパルタ過ぎんだろと思った。斬りかかってるもんな。「なんて女だ!」はごもっともだ。でもこのくらいの方が荒療治で良いのかもしれない。お互いを守っていく対等なカッコいいカップル。
ロンクーはね…すっごく好きです…良いよねえ…声も良いよねえ…彼の女嫌いを克服したり、距離を縮める妄想が止まらない!!…という程度に好き。もしかしたら覚醒で1番かも。2周目やる時は、支援会話の内容を吟味し、余すところなく萌えたい。

ガイア×ティアモ
意外(?)とサラリと優しい言葉というか、甘い言葉を女性の吐くガイアとそつのないティアモとの組み合わせ。キチキチっとしてるティアモが、こう…ガイアがいることで解れるかと。お互いのことを気にかけていくのも良い感じだし、ガイアの髪を整えてやるエピソードも可愛い。ガイアがティアモに「お前のことも誰かが気にかけてやらんとな」っていう台詞が男前すぎて泣ける。そしてラストに手を握って指輪を…!!!…私はギャーとなりましたよ。けしからん。飴ちゃんよりも甘い。
ティアモは何でもできるけど、とても努力してて偉い。そんな彼女が唯一勇気が出せなかったのがクロムへの恋心だったというのが切なく…。勿体ないねえ。(このせいでますますスミアの印象が悪くなる気がしてそれも不憫…(スミアにとってね))
そしてそんなティアモの恋心には微塵も気づかないのがクロムってやつよな…(そこも好きだけど)

ヴェイク×ミリエル
ワイルドとクールの組み合わせ。直観型と理論派。良くわかんねーけどお前といると楽しいから!みたいなノリで、考えまくりで恋も分からぬミリエルには良い感じに思えました。お幸せに。
でもヴェイクはどの相手との支援会話を見ても、なかなか良い男だなあと思います。直球で気持ちいいやつ。モテたいけどモテなくて悩んじゃうし、クロムはライバルだけど僻んでるわけではなく、スパっとしてるし、自分の夢を叶えたいと頑張ってる。良いねえ。髪型がもっと違ったらもっと惚れてたな!

リヒト×ベルベット
子ども扱いされるのを嫌がるリヒトと、人間が嫌いなベルベットのカップル。彼の成長途上というか、まだまだ純真な部分がそのまま伸びていってくれるといいね。リヒトが自分のために泣いて、自分に興味を持ってくれてベルベットは嬉しかっただろうし。年齢差ありそうだけど、実際ダグエルと人間の年齢のつり合いとか分かんないし。
ベルベットは妙に色気を感じる。声のせいか。境遇のせいで人間が嫌なんだろうけど、デュアルとかしてると皆分け隔てなく気遣ってて優しいよな…。

カラム×サーリャ
消えるカラムと呪いっ子サーリャ。いつの間にか支援が進んでいたのでくっつきましたが、密かにこの組み合わせ好き。静かに心寄せてる感じがね。最後にお互いの家族に手紙を一緒に書いて出しに行くの良いよね。サーリャが何だかとても嬉しそうでさ。カラムは家族からも存在を認知されないときがあるとか、なかなかションボリな気持ちにさせるけど、なんだかんだその体質(?)を楽しんでそうでもある。サーリャはもうどんなときも呪っててブレないね。

ソール×マリアベル
器の大きい…というか大らかで柔らかいソールと気位の高い(でもとってもいい子)お嬢様、マリアベル。人のために頑張れるってなかなかできないし、優しいよねえ。ソール。パパにするなら1番じゃないの。マリアベルは言い方や口調はツンケンしてたり、キツかったりするけれど、自分の非を認めたり間違いは素直に認められるところが素晴らしいね。君の夢を応援するのが僕の夢、的な二人でした。ほのぼの。

グレゴ×ノノ
勢い。…ノノはもっとちびっこと結婚した方が良かったの…かな…と思いつつもうしてしまったので。まあ家族が欲しがってたから親の代わりにもなり…ああでも子も生まれてるし。でもまあ良し!
グレゴは何気に包容力のあるおっとこ前なオッサンなんだけど、パートボイスが完全にくたびれたおっさん口調で(単なるつまらんオッサンみたいな)もうほんっとにそれが悔やまれてならないのよ!!!!



コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。