--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SWEET CLOWN~久瀬蒼馬

12:34

 SWEET CLOWN:久瀬蒼馬(くぜ そうま)

SWEET CLOWN ~午前三時のオカシな道化師~ 応援中!
SWEET CROWN~午前3時のオカシな道化師~』二人目、おかっぱの蒼馬くんの感想メモ。
いやー…蒼馬くんは…エンジェル?そんな存在。神々しくて眩しくて仕方ない。(たぶん、残りの攻略対象は、曲者揃いというか疲れそう…なんだけど…みっちゃん(密原)も疲れたけど。既に3周目入ってて、攻略対象と、それ以上にザクちゃんさまに!ゲンナリしてんだけど。)
スイクラの癒しキャラでしょう。こんな力強い癒しキャラもなかなか珍しいと思うけど間違いない。あ、真井さんもそうだな。美味しいごはんいつもありがとう。(でも彼に関しては今後何かありそうで警戒をまだ解いてないのである)
今更だけれど、このゲームは心が弱ってたりするときはあんまりやらない方が良い。全体的に暗いし。(世界もずっと夜だし)しかし、文句を言いながらも謎が気になって止められないので、すっかり道化師の術中なごまザクロです私は。(でも深く考察してない…)
さて、以下、ネタバレだらけの感想ですので閲覧注意で宜しくお願いします。

 
 久瀬蒼馬(16歳・天然騎士は自称”弟”)
SWEET CLOWN ~午前三時のオカシな道化師~ 応援中!

ずっと自信を持って彼女を支え、真っ直ぐに柘榴を信じる存在。柘榴にとって現在の総てである『弟』という重要人物の代わりを申し出て肯定してくれる人。この鬱屈した世界にある光に感じた(だから彼のルートは読んでいて比較的、気持ちが楽)。色んなものに感謝し、怒り、喜び、笑い、泣く。幼い子どものような人。シンプルに生きている姿を見て、柘榴も少しずつ暗い世界から出ていこうとしたし、彼自身にも惹かれていく。
彼は密原ルートでも、柘榴を絶対的に信じて支え、後押ししてくれる存在だからきっと何か普通じゃないし、何かあるだろう、もしかすると人じゃないかもしれんな…とは感じていたので道化師が作った菓子人形だったと分かった時はやっぱりと思ったけれど、まさかのチャラ男、密原誠丞の死産した弟だったということは思い至らず、そこに設定を持ってくるのかい!!と、”天を仰いだ。まさか繋がっていたとは…くそう。(しかし兄の感想に書いた『弟が顔だけのボンクラ』ではなかったことが証明され、ますます兄のどうしようもなさが際立つ仕様だな。でも人間らしいとは思うんだけどさ…)

蒼馬くんは出自を知った時も、道化師によって、お茶会のおもてなしの一品として作られ、柘榴の慰めとする作られた存在であることに対する哀しみや、自分の思考や柘榴に対する想いが作りモノじゃないのだろうか、コントロールされたものじゃないかという迷いや苦悩はあったけれども、それでも力強かった。人間じゃないけれど人間として生きる意味を必死に見つけようと、精一杯生きていて眩しかった。柘榴が彼を愛してそれが力になったというのもあるけれど、彼自身は作られたというよりは、元からそういうタイプの人なんだろうと思う。そこにプラスして妄信的に彼女の支えとなるエンセンスが加えられただけで。

深愛グッドで睡眠障害(ナルコレプシーか)を患ってしまうけれど、こんなに良い男を人間にしたんだからその代償は安いもんだわ。きっとずっと一緒にいてくれるし解決してくれる。(私は最初、目が見えなくなったと思った。目が見えなくなったとしてもずっと蒼馬くんは彼女に添うてくれるから問題なしだが)。兄にも時々連絡いれつつ、適度に文句を言い合い、お互いの存在をたまに感じて、色んな意味で乗り越えて別々に生きるんだろうなと思える良いエンディングでした。

…柘榴に自己犠牲ですか?って周りの人が言う時があるけれど、柘榴の場合自己犠牲というより、判断が出来ないし多くの意見に流れていく方が楽だし、何もしたいこともなく…みたいな果てにあるものというか。常に自分が悪い、自分が間違っているのだろうという罪悪感を抱えているのでそれとも違うかな、と今は感じているんだけれど(柘榴の場合は病気なんだよね。心の病)、蒼馬くんの場合は、自己犠牲というよりも、自分がやりたいことはあるけれど、他を優先してしまう人なんだろうなと思う。母の胎内にいた時からそう。望みはあってもこれで良いんだ、と言い聞かせる意志の強さを持ってる。本当は生まれたかったし、柘榴と離れずに居たいけど、それをねじ伏せて。歪愛エンド(どちらも)では、その意志が崩れてしまった状態。『誰も触れない二人だけの国(しかし仄暗い)』で永遠にずっと一緒。歪愛グッドで何も傷つけるものがない、侵されることのない世界で生きていくのだけれど、結局「生きて」ない二人っていうね…。弟のことを乗り越えられないで上書きしてしまう女王様のまま、都合の良い弟の菓子人形のまま…とても切ない。

other_110.gif 二周目その他
・「幸せ」を「仕合わせ」、「喜び」を「悦び」、長々を長長と表記するのが何だかひっかかる。特に「仕合わせ」。(余りに気になったので調べてみたらこんな違いがあるそうで。ほほう…)
・スイクラは柘榴の心の解放(快方でもいい)?のための物語でもあるんだけれど、歪愛は全部、閉じた世界のままに生きる終わりかなあ…。
『柘榴が言ったことが周りには真実なんだからそれで良いじゃないか』って、蒼馬くんは自分にも言い聞かせていたんだね。
・どうでも良いけど遊園地の背景は使いまわさないで欲しいんですが!道化師の罠かと思うから!
・ロバ怖いけど、蒼馬くんが割とねじ伏せていたので今回は少なめだった気もする。(ホッ)



コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。